有川 岳志さんのUSCPA合格体験記

MBA取得後、知識の積み上げと未経験のファイナンス分野への転職のためにUSCPAを目指しました。

有川 岳志さん

USCPAを目指したきっかけ

私は2008年当時、以前働いていた会社を退職しアメリカの大学院へMBA留学しておりました。日本の大学では理系、前職は営業職でしたので財務や会計の知識、経験共に全くありませんでしたが、大学院で履修したクラスで初めてファイナンスに触れることで興味を持ち、卒業後はファイナンス関連の職に就きたいと思うようになりました。

ただ現実としてファイナンス未経験の私が転職することは難しいだろうと思い、資格の必要性を感じたことがUSCPAの勉強を始めたきっかけです。また、たとえ帰国後すぐの転職には間に合わなくとも、今後のキャリアにおいて財務/会計の知識を積み上げることは無駄ではないだろうと思い受験を決意しました。

プロアクティブを選んだ理由

まず最初に予備校選びのための情報収集から始めました。当時アメリカに留学していたため予備校の説明会に参加することができず、インターネットを使っての情報収集となりました。各予備校のホームページだけでなく沢山の合格者/受験者のブログを見ることで、予備校選びの他、USCPAがどのような試験でありどのように勉強を進めれば良いかなどをイメージすることができました。

その結果私がプロアクティブに決めた理由は、

  • 講師の評判がよかったこと
  • 講座費用が他校より安かったこと
  • テキストがよくまとまっているため、ボリュームが多すぎず効率よく勉強ができること
  • グアム大学の単位が取得できること

などの理由からですが、もう一つ何と言っても決め手はプロアクティブホームページ上にある佐々木先生の講義サンプルでした。予備校の説明会に行くことができない私にとって、講師と講義の雰囲気を知ることができるとても貴重な情報でした。

そこで佐々木先生のわかり易くパンチの効いた講義を見てすぐ通信講座の申し込みをしました。

初回受験から合格まで。

数ヶ月かけてグアム大学5クラスの単位を取得後、最初はFARの勉強から始めました。大学院の冬休み中は1日10時間の勉強を行い、DVD/テキストを終えた後過去問を3周し約2ヶ月ほどの準備で一発合格できました。

ただ、それ以降は大学院の勉強のためCPAの勉強に集中することができず、帰国前にBECとAUDも受験しましたがどちらも不合格でした。

帰国後はCPAの勉強を続けつつ転職活動も始めましたが、活動を始めて間もなく希望していたファイナンスの仕事に就くことができました。ファイナンス未経験の私がすぐ希望の職に転職できたのも、当時一科目のみでしたが科目合格していたことも少しは影響していたのかもしれません。

転職後、仕事は深夜に帰宅することも少なくなく勉強時間の確保はなかなか大変でしたが、土日はもちろん、毎朝出勤前に1~2時間程度、そして通勤中の電車の中ではiPhoneで講義を聴きながらと、時間を見つけ効果的に勉強することに努めました。

転職前に勉強していた蓄積と働きながら勉強する集中力とで、それ以降の受験では毎Window一科目づつ合格することができ2010年5月上旬の受験を最後に全科目合格することができました。CPA試験の勉強を始めてから1年半、単位取得期間を含めると約2年という私にとってとても長い道のりでしたが、目標達成することができました。

合格者のブログで情報を収集!

この試験は働きながら勉強する社会人の方の受験が多いと思いますが、いかに時間を有効に使って勉強時間を確保するかが大切であると思います。私の場合、通勤電車の中でiPhoneで講義を聞きながら通勤していました。

平日は出勤前に勉強することにしていましたが、残業のため深夜に帰宅することもしばしばあり、時には朝勉強できないこともありました。そんな時でも通勤中に講義を聞くことはできますので、毎日少しでもCPA受験に触れることを心がけておりました。また、自宅から最寄り駅、駅から会社までの徒歩中には記憶したことを復習するため声を出しながら歩き、記憶の定着を図っておりました。ブツブツ言いながら歩くかなり怪しい人でしたのでなるべく人通りのない道を選んで通勤していました。勉強時間が十分に取れない中でも時間を見つけ継続して勉強を続けることが大切だと思います。

過去問の問題を解く時は、その問題に関する要点や自分が理解し易いような簡単な説明を付箋に書いてトピック毎に管理していました。それらの付箋は、試験前に要点や間違え易いポイントを再確認する上でも役立ちました。また、同じような問題に見えても答えが異なる問題、違う視点から問われているが答えが同じ問題、異なるトピックではあるが関連のある問題などは、解答/解説の所にリマークを付けてそれらの問題を必ず確認するようにしていました。

付箋を使っての勉強法は多くの皆さんがやっていることだと思います。私も最初は合格者のブログで知り、付箋を積極的に使う勉強法を取り入れました。合格者=CPA受験の成功者ですので、合格者のいろいろな情報を集め自分に合った勉強法を見つけることが大切だと思います。

主な学習法 -FAR・REG-

プロアクティブ教材(テキスト・DVD)のみ使用しました。まずはテキスト・DVDを一巡させました。DVDで講義を見てテキストに線を引きます。講義は何度もストップさせたり、戻したり、とにかく丁寧に聞きます。テキストを一周するとなんとなく理解した気になっていますが、いざ過去問の問題を解いてみてもほとんど理解していない、また記憶できていないことがわかります。そこで再度DVDに戻ります。今度はトピック毎にテキスト→過去問を行うと、以前よりだいぶ過去問の正解率があがります。

BISKの解説を丁寧に読み、要点は蛍光ペンでハイライトしました。あとはひたすら過去問を繰り返し解いていました。絶対に間違うことのない問題、一度間違った問題、二度/三度間違った問題がわかるように印を付けながら回すと自分の弱点がわかりそれを基に試験対策ができます。

通勤中の電車では、テキストコピーを持ち込みiPhoneで講義を聴きながら通勤していました。特に苦手な箇所を重点的に聞くようにしていました。繰り返し講義を聞くことで理解がより深まり、それまでは拾えていなかった詳細なことも拾えるようになるのがわかります。

プロアクティブの教材は要点が絞られ、かつ試験に出る詳細なこともカバーしているとてもよくできた教材だと思います。まずはプロアクティブの教材を信じて、あまり他教材に手を広げ過ぎないことが合格への近道だとも思います。

主な学習法 -BEC・AUD-

BECとAUDについては、一回の受験で合格できなかったためテキスト/過去問以外の教材も行いました。両科目とも過去問は各トピック90%以上の正解率であったにもかかわらず試験は合格できませんでしたので、何か違うことをしなければいけないと考えました。

過去問を何度も回すと正解率は当然上がりますが、なんとなく答えを覚えて正解していたにも関わらず、それを理解したことと勘違いした箇所があったのだと思います。私はプロアクティブのCOREという教材を追加で購入しました。COREには難易度の高い問題がたくさんありましたので、合格までもう一息という場合にとても役立ちました。

その他、4科目とも試験前には必ず4?5年分の過去問を解きました。AICPAリリース過去問はWeb上で入手しました。試験前には時間を計りながら問題を解くことで、本番を意識してスピードを上げて解くことを心がけていました。

試験直前の勉強法

前述しているものもありますが、試験前に行っていた勉強は以下の通りです。

  • 過去問を解くとき、複数回間違った問題や絶対に記憶が必要な問題がわかるように印をつけておりますので試験前にはそれらの問題を中心に行います。
  • トピック毎に管理している要点や簡単な解説を書いた付箋を見直します。
  • AICPAリリース過去問(4?5年分)を解きました。
  • COREで難問に触れます。(一度不合格だった科目で使用しました)
  • Simulation問題を解きます。

講師の先生がおっしゃるように合否はMCのでき如何で決まると思います。またMCが解ければSimulation問題も解けるはずです(ちゃんと理解していないとMCは解けないため)。ですので普段の勉強ではあまりSimulation問題を意識する必要はないのですが、試験前は問題に慣れるためにもSimulation問題もある程度解いておいた方がいいと思います。

  • WCのLetterやMemoの雛形を確認し、数問練習する。

試験本番はタイムマネージメントが重要

やはり最初の試験は緊張しましたが、当時はアメリカに住んでいましたのでテストセンターが家から近かったこともあり、フライトスケジュールや時差を考慮する必要もありませんでしたので比較的落ち着いて試験に挑めました。ただし、後述していますがPC上での電卓操作は初めてだったため少し混乱しました。

AUD受験時にはテスト中電卓が機能しないトラブルに見舞われることもありましたが、AUDでしたので複雑な計算が必要なかったため特に影響なく受験できました。外国で受けるコンピューターテストですので何が起こるかわかりません。

試験中に気を付けたいことは、MC問題でわからない問題に遭遇したらチェックを付けて後に回し次の問題に進むことです。このテストは時間との戦いですので、無駄に一つの問題に時間を浪費しないことです。わからない問題に時間をかけ過ぎて、わかる問題を解く時間がなくなるなんてことは絶対に避けたいですね。各テストレットに費やす時間をあらかじめ決めておき、それに従ってテストを進めていくというタイムマネージメントが重要です。

また、トイレの位置を事前に確認しておくことも必ず行っておいた方がいいと思います。本番でトイレ探しのためのタイムロスムは避けたいものです。
その他、受験で最大限力を発揮するため余裕のある渡航/受験スケジュールを立てることも大切だと思います。

余談ですが、私はグアムで受験する際、古いパスポートを持っていたことを成田空港で気づいたため予定していたフライトに乗ることができず、急遽早朝の便から深夜の便に振り替えてもらったことがありました。私のようなミスをする人はなかなか居ないと思いますが、天候などの理由でフライトが変更されることもあるかと思います。可能な限り余裕のある渡航/受験スケジュールを組んだ方がいいかもしれません。

事前の準備をしっかり、満遍なくもれの無いように。

AICPAホームページにある試験チュートリアルとサンプルテストは試験前にやっておいた方がいいと思います。初めての試験の時は特に。私は初めての試験の時、コンピューター上の電卓の使い方に慣れてなかったため計算問題で混乱し無駄に時間を使ってしまったことがありました。

また試験後はどんな問題が出て、どんな問題ができなかったかを記録しておくべきだと思います。試験を受けるタイミングによっては合格発表まで一ヶ月以上かかることもあり、時間の経過と共に試験の詳細を思い出すことが難しくなってきます。どんなに合格する自信があっても、念のためテスト内容は記録しておいた方がいいと思います。

試験に山を張るのも避けた方がいいと思います。もちろん良く出題されるトピックは重点的に勉強するべきですが、出題率が低いと聞いていたトピックから何題も出題されることがあります。あくまで集計された出題率は平均値ですので、必ずしも自分の試験が平均の出題率通りに出題される訳ではありません。実際、ほとんど出ないと言われるトピックから何題も出題されたことがありますので、手を付けてないトピックがないよう万遍なく勉強することをお勧めします。

科目合格時に転職に成功!

アメリカの大学院を卒業し帰国した後、ファイナンス関連の仕事を中心に転職活動を始めました。前述した通り前職は営業であり、留学した大学院でもAcc/Fin専攻でない私が専門的な知識を必要とするファイナンスへのキャリアチェンジは無謀であったかも知れません。そんな私が外資系企業のファイナンス部門に転職できたのも、当時一科目だけではありましたが科目合格していたことも少しは影響しているのではないでしょうか。

ファイナンスの職務経験がなかったため、とまどうことも少なくなく、専門的かつ幅広いビジネスの知識を必要とするハードな仕事ではありますが、今の仕事にとてもやりがいを感じています。これまでのCPA受験での勉強は合格するための勉強でしたが、今後はこれまで勉強してきたことを振り返りながら実務にも活かせるようにしていきたいと思っています。

これからUSCPAを目指す皆様へ。

合格する秘訣は?と聞かれれば、私は『それは、合格するまで勉強して試験を受け続けること』と答えると思います。答えにはなっていないかもしれませんが、やはり絶対に合格するんだという覚悟が大切だと思います。特に働きながら受験勉強することは容易ではありませんので。

この試験の特性として、一年に同じ科目を最大4回受けることが可能であり何度でも挑戦できるということが挙げられます。しかし合格科目のCredit期限は一年半という期限も存在しますので、一科目でも合格したら後は集中して勉強することも求められますが、まずはあきらめずコツコツと知識を積み上げていけば合格の可能性は広がるはずです。

私自身1Windowを残しての合格でした。当然、期限内に合格するよう受験勉強後半は特に集中して勉強していましたが、もし合格した科目がExpireしても全科目合格するまで勉強し続ける覚悟はできていました。合格するまで勉強し続けるんだと腹を決めた時点で一歩合格に近づいてるのかも知れません。

現在受験している皆さんも、これから始める皆さんもあきらめず自分を信じて頑張って下さい。皆様の合格をお祈りしております。

最後になりますが、とてもわかり易くて楽しい講義をして頂いた佐々木先生を始め、受験のサポートをして頂いたプロアクティブ事務局の皆様、大変お世話になりありがとうございました。私の合格は予備校選びでプロアクティブに決めた時点で半分決まっていたといっても過言ではありません。

また、働きながら受験勉強する私を理解しサポートをしてくれた家族にもこの場をお借りして感謝の気持ちを伝えたいと思います。ありがとう!

いつでもご相談ください。

無料セミナーや電話・Skypeガイダンスで疑問を解消。

USCPA無料セミナー

USCPA無料セミナー

米国での経験を武器に、USCPA受験の攻略法を伝授。

USCPA試験にチャレンジすると決意された方でなくても、このUSCPA資格について知りたいと思ったなら、是非、当校の短期合格のためのカリキュラムや学習法・教材、そして講師陣について、実際に見て、聞いて、判断していただければと思います。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

電話・Skypeガイダンス

ご指定の日時にこちらからご連絡いたします。

ご希望の日時に事務局よりお電話差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。お電話 or Skypeでご連絡させていただきます。

詳細を見る