MENU

K.I.さんのUSCPA合格体験記

USCPAで学んだことは、MBA卒業後に経理財務業務においても間違いなく役立つ

K.I.さん

USCPAを目指したきっかけを教えてください。

総合商社で海外事業会社管理に携わる中で、英語での財務諸表の作成や社内外の関係者とのコミュニケーションが必要であり、英語で高度な経理財務知識を身につけたいと思ったからです。

合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

合格までの学習時間:2年間(中断期間除くと9か月)
1週間あたりの学習時間:平日2時間 休日5時間

2021年春までは業務と並行しながらの学習だったため、平日・土日とも平均3時間でした。2021年夏以降は海外MBA留学に来ており、授業期間中は手を付けられませんでしたが、授業期間外等には平日・土日とも平均8時間取り組みました。

試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

過去問が豊富に揃っていて良かったです。最初は授業を聞いてもよく理解できなかったトピックでも、過去問を繰り返し解くことで、理解を深めていくことができました。

各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

学習方法との感想:
一通り授業を聴講した後は、過去問を繰り返し解くのに時間を使いました。試験当日は、想定以上に非営利会計を中心に細かい知識が出題され、少し慌てました。

REG

学習方法との感想:
暗記事項が多い科目で、何度覚えても忘れてしまう項目も多く、苦労しました。過去問を繰り返し解くことで、少しずつ知識を定着していくことができました。本番では、基本的な問題を取りこぼさず、何とか合格することができました。

AUD

学習方法との感想:
各選択肢をしっかり読み込まないと正答に辿り着けない問題が多く、4科目の中で一番苦労しました。FARと同様に、過去問を繰り返し解くことによって、正答に至るロジックが理解できるようになったと思います。

BEC

学習方法との感想:
ITやコーポレートガバナンスは暗記が多く、多くの過去問を繰り返し解いて、知識の定着を図りました。Written Communicationは、あまり対策していませんでしたが、回答にキーワードを織り込むことで、少しでも多くの点数を取ろうとしました。基本知識を問う設問を落とさずに解けたので、4科目中最高得点を取ることができました。

合格後に仕事でどのように活用できましたか?
または、転職やキャリアアップにどのように役立ちましたか?

USCPAで学んだことは、MBA卒業後に経理財務業務においても間違いなく役立つと確信しています。

これからUSCPAを目指す方や、勉強中の方へアドバイスをお願いします。

より多くの問題を解き、アウトプットの時間をしっかり確保することが、合格への近道だと思います。最後まで諦めずに頑張ってください!

いつでもご相談ください。

無料セミナーや個別ガイダンスで疑問を解消。
個別ガイダンスは、お電話やSkypeでも承っております。

USCPA Webセミナー

USCPA Webセミナー

約40分の動画でUSCPA受験のポイントを解説。

当校代表講師、佐々木洋和が、ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるからこそのグローバルな視点で、USCPAの今後の将来性や、受験勉強の”ホントのところ”をバリバリの英語とユーモア溢れるトークセンスで熱く語ります!ご視聴いただいた方には、お得なキャンペーンをご案内しております。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

個別ガイダンス

ご指定の日時に、事務局での対面でのご案内もしくはお電話/Skype、Zoomにて承ります。

お電話やSkypeをご希望の場合は事務局よりご連絡差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。

詳細を見る

閉じる