MENU

USCPA試験

USCPA試験ってどんな問題が出題されるの?≪試験の構造について≫

2018.6.6

【そもそも、USCPA(米国公認会計士)とは何だろう?】

USCPAとはアメリカの国家資格です。
アメリカでは通常CPA(Certified Public Accountant)と言いますが、
日本国内では日本の公認会計士と区別するため
USCPAや米国公認会計士と呼ばれることがほとんどです。

★USCPA資格についての詳細はこちらをチェック☆

【USCPA試験の基本事項を教えて!】

試験は全4科目で構成されています
・Auditing and Attestation (AUD)
・Business Environment and Concepts (BEC)
・Financial Accounting and Reporting (FAR)
・Regulation (REG)

一度に1科目のみ受けることが出来ます。
各科目、4択肢選択問題(MCQs)、task-based simulations(TBSまたはシミュレーション)、
BECのみwritten communication の出題形式があり
各科目テストレットと呼ばれる5つの問題群で構成されております。

併せて(合格するには知っておくべき!USCPA試験の採点基準と方法について)もチェック!

【task-based simulationsとは?】

タスクベースのシミュレーション(TBSまたはシミュレーション)は、
受験者の知識・分析・評価を測定する為の総合問題です。
様々なタスク(データベースの検索やスプレッドシートやフォームの操作等)を通じて知識を試されます。
(例えば計算して表を作成や単語の穴埋め等)

【written communicationとは?】

written communicationは状況が提示され、特定のトピックに関して記述する問題です。
下記3つの基準に基づいて採点されます。

・組織(構造、アイデアの順序づけ、アイデアのつながり)
・開発(支持証拠の提示)
・表現(標準ビジネス英語の使用)

割り当てられたトピックに添った内容でない場合、採点されません。

【試験時間は?】
各科目4時間(4科目合計16時間)です。
また各試験、試験開始コードの入力、プライバシー契約の承認、
候補者アンケートの完了する為に15分追加されています。

【休憩時間はあるの?】
テストレット3と4の間に15分の休憩があります。
この休憩はStandardized Breakと呼ばれ試験時間は一時停止します。
他のテストレットの後も休憩できますが、これはOptional Breakと呼ばれ
試験時間に含まれるので注意が必要です。

 

≪USCPAに合格するのってなんだか難しそう…≫

USCPAの専門スクールとして1998年より運営しているプロアクティブにお任せください!
講師、スタッフともにUSCPAに関しては大ベテランです。
学習そのもの以外にも、受験手続やキャリア形成など様々な面で、受講生の皆様のサポートをさせていただいております。

受講生専用サポートサイトにおける学習や手続きのご質問に関するご案内をはじめ、
無料でご利用いただける個別ガイダンスなど、USCPAを目指す社会人受験生の皆様が学習しやすく、
早く合格していただくために数々のサポートを行っております。

1時間でUSCPAのことがまるわかり!是非無料セミナーへご参加ください★

 

いつでもご相談ください。

無料セミナーや電話・Skypeガイダンスで疑問を解消。

USCPA無料セミナー

USCPA無料セミナー

米国での経験を武器に、USCPA受験の攻略法を伝授。

USCPA試験にチャレンジすると決意された方でなくても、このUSCPA資格について知りたいと思ったなら、是非、当校の短期合格のためのカリキュラムや学習法・教材、そして講師陣について、実際に見て、聞いて、判断していただければと思います。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

電話・Skypeガイダンス

ご指定の日時にこちらからご連絡いたします。

ご希望の日時に事務局よりお電話差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。お電話 or Skypeでご連絡させていただきます。

詳細を見る

閉じる