MENU

USCPA試験

USCPA試験全4科目の出題傾向について

2017.11.20

USCPA試験の出題傾向についてご紹介します!
どんな試験でも頻出トピックの調査は必須ですよね。
是非学習の際にお役立てください。

尚、本コラムの内容は2016年9月30日にthe AICPA Board of Examiners (BOE)が発行した
Blueprint(2018年1月1日施行)を元に作成しております。

試験の出題形式については「合格するには知っておくべき!USCPA試験の採点基準と方法について」をご参照ください。

【Auditing and Attestation (AUD)】

監査とは財務諸表を監査基準に基づき検査して意見を述べることです。
よってAUDでは知識の暗記も必須ですが、それを応用・分析し、評価する技能が重要視されます。

出題内容:監査、証明業務、職業倫理

【Business Environment and Concepts (BEC)】

管理会計は『ビジネス環境および諸概念』の知識、および財務諸表の監査業務や証明業務などに応用できる技量を試すものであるとされており、 ビジネスの知識に欠かせない出題内容のコンセプトが問われます。

出題内容:経済学、財務管理、IT、管理会計、コーポレートガバナンス

【Financial Accounting and Reporting (FAR)】

財務会計は4科目の中でも分量の多い科目となりますが、USCPA試験の中で最も重要な科目であり、他の科目にも大きな影響を与えている科目です。

出題内容:企業・政府・非営利法人の会計(IFRSを含む)

【Regulation (REG)】

Regulationは税法と商法です。暗記が中心となりますが、英語の読解力や知識を応用する技量も求められ、試験範囲も広い科目です。

出題内容:税法、商法、企業体

参照元:Examination Blueprints (effective January 1, 2018)

独学で学習するのは少々不安、、という方、是非!無料セミナーにご参加ください!
USCPA試験に受かるためには何が重要なのか?おすすめ出願先は?など、疑問にお答えいたします!
▼参加予約はこちらから▼
ニューヨーク州公認会計士によるUSCPA無料セミナー

いつでもご相談ください。

無料セミナーや個別ガイダンスで疑問を解消。
個別ガイダンスは、お電話やSkypeでも承っております。

USCPA Webセミナー

USCPA Webセミナー

約20分の動画でUSCPA受験のポイントを解説。

当校代表講師、佐々木洋和が、ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるからこそのグローバルな視点で、USCPAの今後の将来性や、受験勉強の”ホントのところ”をバリバリの英語とユーモア溢れるトークセンスで熱く語ります!ご視聴いただいた方には、お得なキャンペーンをご案内しております。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

個別ガイダンス

ご指定の日時に、事務局での対面でのご案内もしくはお電話/Skypeにて承ります。

お電話やSkypeをご希望の場合は事務局よりご連絡差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。

詳細を見る

閉じる