MENU

USCPA試験

USCPAはどこで受験できるの?

2017.11.14

わざわざ出願州まで行かずとも、USCPAは日本で受験できます!

受験可能な国

米国各地のプロメトリックテストセンターで受験が可能です。
また、2018年12月現在、日本(東京・大阪)、ブラジル、バーレーン、クウェート、
レバノン、UAE、ヨーロッパにもテストセンターがあります。

ただし上記米国以外の国では誰でも試験が受けられる訳ではなく、
例えば日本で受験希望の場合、対象者は下記の通り限定されます。

◆日本受験可能な対象者
・日本国籍の方
・日本の永住権をお持ちの方
・日本に長期滞在中の外国人の方(「在留カード」をお持ちの方)
・米国国籍の方

日本受験時には身分証明として「有効なパスポート」が必須です。
短期滞在の外国人の方は日本国内での受験はできません。

米国以外のその他の国で受験を希望する場合、その国の国籍や長期滞在ビザ等が必要です。

詳細はNASBA発表のInternational Testing Center Eligibility Tableをチェック!

【注意!】

米国以外の国で受験を認めていない州(出願先)もある為、確認が必要です。
現在、米国以外の国で受験を認めていない州は下記の通り。

アラバマ州、ケンタッキー州、カリフォルニア州、ミシシッピ州、北マリアナ諸島
ニュージャージー州、デラウェア州、ノースカロライナ州、アイダホ州、ヴァージン諸島

 

試験会場の予約方法

米国以外の国で受験をする場合、手数料(Surcharge)の支払いが必要です。
また、グアムで受験する場合、Guam Surchargeが必要です。

手数料の支払いが完了し24時間以降に、受験票(NTS)に記載されているExam Section IDが
お支払い時に指定した国で受験できるように反映されます。

USCPAの受験をお考えの方へ

自分にとって一番費用を抑えて出願できる州はどこだろう?
希望の出願州は決まっているけれど、学歴要件を満たしているだろうか?等
ご不明な点がございましたら、是非プロアクティブの成績証明書無料査定をご依頼下さい!

最適な出願州をご提案、必要な費用をお見積もりいたします。

いつでもご相談ください。

無料セミナーや電話・Skypeガイダンスで疑問を解消。

USCPA無料セミナー

USCPA無料セミナー

米国での経験を武器に、USCPA受験の攻略法を伝授。

USCPA試験にチャレンジすると決意された方でなくても、このUSCPA資格について知りたいと思ったなら、是非、当校の短期合格のためのカリキュラムや学習法・教材、そして講師陣について、実際に見て、聞いて、判断していただければと思います。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

電話・Skypeガイダンス

ご指定の日時にこちらからご連絡いたします。

ご希望の日時に事務局よりお電話差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。お電話 or Skypeでご連絡させていただきます。

詳細を見る

閉じる