MENU

USCPA試験

2017年4月からUSCPA新試験制度開始!

2017.6.28

USCPA試験は2017年4月より新試験制度が開始され、今までと大きく2点変わりました。

変更点1:試験時間の変更・途中休憩の追加

各4科目(FAR,AUD,REG,BEC)とも試験時間が4時間となりました。
また、以前はなかったStandardized Breakが設けられました。
Standardized BreakはTestlet3とTestlet4の間にある15分休憩のことで、
この休憩は試験時間に含まれない為、総試験時間が4時間15分になります。

因みに、TestletとTestletの間に、自由に取れる任意の休憩(Optional Break)は試験時間に含まれる為注意が必要です。

変更点2:出題形式、配点の変更

Multiple Choice(4択問題)の出題比率が低下し、
Task-Based Simulation(総合問題)の比率が増加しました。
*Multiple Choiceは以下MCQ、Task-Based Simulationは以下TBSと表記

また、BECに関しては今までなかったWritten Communicationが追加されました。

詳細はNASBA(National Association of State Boards of Accountancy)発表の下記表の通りです。
(AUD、FAR、REGの配点比率はMCQ約50%、TBS約50%、BECの配点比率はMCQ約50%、TBS約35%、
Written Communication約15%となります。)

▼NASBA Next Version of the Uniform CPA Examination
https://nasba.org/exams/cpaexam/examfaq/

 

★追記★
上記に加え、2018年4月より更に試験システムもアップグレードしており
より実務に近い形へ変更されました!

例として
・Microsoft Excelがツールとして加えられた
・cut/pasteやハイライト機能等が使えるようになった

本番前は必ず、AICPAが公表しているサンプルテストで、
実際の試験に近い形での演習をしましょう。こちらから!

 

面倒な受験までの手続きもサポート!

USCPAの試験は学習の他にも、スケジュールにあわせて手続きをきちんと進めていくことも重要です。
誰かが面倒な手続きを手伝ってくれて、勉強に集中出来たらな、と思った方、
USCPA専門の学校、プロアクティブ/グアム大学日本事務ならそれが叶います!
専門校ならではのスピードと、お一人お一人に合わせて学歴審査や出願、受験まで
全てのお手続きを州ごとにサポートしているので、学習に集中できますよ!

プロアクティブのきめ細やかな受講サポート

尚、今回の変更点は試験制度の変更であり、学習内容に変更はありません。

是非、当校のUSCPA無料セミナーにご参加ください!USCPA受験の攻略法を伝授します。

いつでもご相談ください。

無料セミナーや個別ガイダンスで疑問を解消。
個別ガイダンスは、お電話やSkypeでも承っております。

USCPA Webセミナー

USCPA Webセミナー

約20分の動画でUSCPA受験のポイントを解説。

当校代表講師、佐々木洋和が、ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるからこそのグローバルな視点で、USCPAの今後の将来性や、受験勉強の”ホントのところ”をバリバリの英語とユーモア溢れるトークセンスで熱く語ります!ご視聴いただいた方には、お得なキャンペーンをご案内しております。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

個別ガイダンス

ご指定の日時に、事務局での対面でのご案内もしくはお電話/Skypeにて承ります。

お電話やSkypeをご希望の場合は事務局よりご連絡差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。

詳細を見る

閉じる