MENU

USCPA試験

USCPAの勉強法

2020.7.6

USCPA(米国公認会計士)試験は、1917年にニューヨーク州で始まった100年を超える歴史のある米国の国家資格です。世界で最も知名度がある為、最近は世界を視野に入れた人が多く学習しており、日本人の受験者数も右肩上がりです。そんなUSCPAですが、やはり米国の試験の為、日本の一般的な学習スタイルとは少し頭を切り替える必要があります。

【そもそもUSCPAはどんな試験?】

試験問題データベースに蓄積されている問題をコンピューターが抽出し出題されます。
受験者数、受験時期、問題の難易度のばらつきによる不公平が極力生じないように調整されており
出願州や受験地によって難易度や合格基準が異なることはありません。

加点方式で75点以上取得すると合格します。⇒USCPAの採点基準と方法についてはこちら
落とす為の試験ではなく、プロフェッショナルとして通用する能力と知識を試す試験なので、
一定の能力に達した受験生は全員合格できる試験と考えられます。
つまり、努力が無駄になる試験ではありません。

【どんな学習方法がおすすめなの?】

日本の学習はどちらかというと「インプット」重視ですが、USCPAは「アウトプット」が重視されます。

USCPAの出題形式はMultiple Choice(4択問題)とTask-Based Simulationの2タイプです。
配点はMultiple Choiceが50%、Task-Based Simulationが50%です。
Task-Based Simulation(TBSやSIMと呼ばれる)はMultiple Choice(MC)の応用問題な為、
MCで満点近くを狙うことが最短合格の鍵と言えます。
問題や試験の構造についてこちら

さらに、USCPAは過去問題を解くほどに試験の傾向が分かるシンプルな試験です。
もうお判りでしょうか。MCの過去問題演習を行うことがとても重要なのです!

 


プロアクティブは圧倒的な過去問題数をカバー!

講義にて約2,000問の過去問題+過去問データーベースにて約7,000問の過去問題
+試験直前対策【SUPER直前】をご用意しておりますので、アウトプット学習は万全です!

もちろんインプット学習もしっかり行って頂けます。
最短合格の為に、要点をぎゅっとしぽったハイテンションな講義とテキストは
ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるバイリンガル佐々木講師が作成した自信作です。
退屈になりがちな内容でも、ユニークなスタイルで楽しく飽きさせずに、記憶に残る内容です。
サンプル教材はこちら

是非楽しい学習でUSCPA最短合格を一緒に目指しましょう!

いつでもご相談ください。

無料セミナーや個別ガイダンスで疑問を解消。
個別ガイダンスは、お電話やSkypeでも承っております。

USCPA Webセミナー

USCPA Webセミナー

約20分の動画でUSCPA受験のポイントを解説。

当校代表講師、佐々木洋和が、ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるからこそのグローバルな視点で、USCPAの今後の将来性や、受験勉強の”ホントのところ”をバリバリの英語とユーモア溢れるトークセンスで熱く語ります!ご視聴いただいた方には、お得なキャンペーンをご案内しております。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

個別ガイダンス

ご指定の日時に、事務局での対面でのご案内もしくはお電話/Skypeにて承ります。

お電話やSkypeをご希望の場合は事務局よりご連絡差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。

詳細を見る

閉じる