MENU

USCPA試験

USCPA試験の出題比率<2019年>

2019.6.4

USCPA試験の各科目ごとの出題比率をまとめました。

比率を知ることで、どこを重点的に学習していけばいいかの指針になります。

例えば、REGでは商法と税法が出題範囲ですが、半分ずつ出題されると思っていませんか??

 

FAR

Financial Accounting(企業会計、IFRSを含む) 85-95%
Governmental Accouting(政府会計) 5-15%

 

AUD

Auditing and Attestation(監査と証明) 75-85%
Ethics and Professional Responsibilities(職業倫理) 15-25%

 

BEC

Corporate Governance(コーポレートガバナンス) 17-27%
Economics(経済学) 17-27%
Financial Management(ファイナンス) 11-21%
Information Technology(IT) 15-25%
Operations Management(オペレーションマネージメント) 15-25%

 

REG

Federal Taxation(連邦税制) 60-80%
Ethics,Professional Responsibilities and Federal Tax Procedures(税務における職業倫理) 10-20%
Business Law(商法) 10-20%

 

出典:AICPA Blueprints(2019年1月発行)

 

USCPAは試験範囲が広いため、全てを細かく覚えようとすると大変です。

プロアクティブの講義では、試験に出るポイントをはっきり言いきります。
比率の低いところは過去問題で学習し、ポイントを押さえて効率よく学習することが早期合格の鍵となります。

 

いつでもご相談ください。

無料セミナーや個別ガイダンスで疑問を解消。
個別ガイダンスは、お電話やSkypeでも承っております。

USCPA Webセミナー

USCPA Webセミナー

約20分の動画でUSCPA受験のポイントを解説。

当校代表講師、佐々木洋和が、ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるからこそのグローバルな視点で、USCPAの今後の将来性や、受験勉強の”ホントのところ”をバリバリの英語とユーモア溢れるトークセンスで熱く語ります!ご視聴いただいた方には、お得なキャンペーンをご案内しております。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

個別ガイダンス

ご指定の日時に、事務局での対面でのご案内もしくはお電話/Skypeにて承ります。

お電話やSkypeをご希望の場合は事務局よりご連絡差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。

詳細を見る

閉じる