MENU

学習

USCPAの勉強時間

2021.7.5

一般的にUSCPAは全科目合格まで1,000時間の学習が必要と言われていますが、
実際のところ、本当なのでしょうか?

「バックグラウンドによる」でしょう。

1,000時間というのは会計の知識がある人・ない人、英語が得意な人・得意でない人
全てを足した平均となりますので、あくまでも目安にすることをおすすめします。

例えば週15~20時間学習可能であっても、バックグラウンドによって合格までの期間は様々です。

[合格迄にかかる期間の例]
● 会計初学者 約2年
● 簿記3級合格・TOEIC 600点台 2年弱
● 簿記2級合格・TOEIC 700-800点台 1年半
● 簿記1級や公認会計士の方 よほど英語が不得手でなければ 約1年

※あくまで参考です。どれほど集中して学習できたかによりますし、
学習途中でライフスタイルが変化し、もっとかかってしまうこともあるでしょう。
大切なことは諦めずに学習を続けることです。

また、USCPAに合格している人のほとんどは有名大学を卒業している
といった口コミをたまに見かけますが、卒業している大学のレベルは関係ありません。

USCPAは資格のひとつですので、英語で会計やビジネスの知識を理解している・いないが問われる為です。
(例えば受験に際し、評価やGPAが低いと受験できない等ということはありません)
ただし勉強することに慣れている・集中力がある・勉強できる環境にある人というのは
レベルの高い大学を出ていることが多い可能性はあります。

 


多くの人に開かれているUSCPA!

上述の通り、USCPAは会計初学者でも英語が少し苦手でも
出願要件を満たせば受験することが出来る開かれた米国の国家資格です。

当校プロアクティブではニューヨーク州出願をお薦めしております!

[ニューヨーク州の特徴]
学歴要件が易しい(総合120単位と会計必須4科目があれば出願可能)
米国でもトップ3に入るネームバリューの高さ
合格実績が生涯消えない!
日本受験が出来る

プロアクティブは単位取得もスムーズ!

入学者はグアム大学の単位取得プログラムを利用し、単位認定試験に合格することで単位取得可能です。
University of Guamの正規単位(Off Island Campus Program)を取得出来ます。
また、単位取得にあたって初歩的な単位を取得しないとIntermediateやAdvancedレベルの科目を
取得できないなどのPrerequisiteはありません。5年間のサポート期間中はいつでも単位取得可能です。

会計初学者も英語が苦手でも大丈夫!

USCPA講座を申し込むとUSCPA準備講座(英文会計入門・中級)がプレゼントされます。
講義の中では多くの専門用語に触れながら豊富に問題演習するのでボキャブラリーが自然と身につきます!
使用するテキストは英語ですが(英文会計入門は日本語と英語が併記されています)、
講義は日米バイリンガル講師が展開します。日本語で説明するので、英語が苦手でも学習を進められます。

 

\\もっとUSCPAについて知りたい!という場合は是非お問い合わせください//

資料請求 無料査定依頼

いつでもご相談ください。

無料セミナーや個別ガイダンスで疑問を解消。
個別ガイダンスは、お電話やSkypeでも承っております。

USCPA Webセミナー

USCPA Webセミナー

約40分の動画でUSCPA受験のポイントを解説。

当校代表講師、佐々木洋和が、ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるからこそのグローバルな視点で、USCPAの今後の将来性や、受験勉強の”ホントのところ”をバリバリの英語とユーモア溢れるトークセンスで熱く語ります!ご視聴いただいた方には、お得なキャンペーンをご案内しております。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

個別ガイダンス

ご指定の日時に、事務局での対面でのご案内もしくはお電話/Skype、Zoomにて承ります。

お電話やSkypeをご希望の場合は事務局よりご連絡差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。

詳細を見る

閉じる