MENU

USCPA試験

USCPA合格者のバックグラウンド

2022.12.9

プロアクティブで学習し合格した人の職種の割合、学習者の男女比率と年代比率をグラフ化してみました。
幅広い職種、年代の方が学習されていることが分かります。

USCPA(米国公認会計士)=会計や監査という印象を持たれることが多いですが、
学習範囲が広いこともあり、あらゆる業種・職種で活かせる資格といえます。

上記のグラフから働き盛りの30代が最も学習者が多いことが分かります。
そうです、USCPAは忙しい方も取得できる資格です!

[受験日・受験会場はフレキシブル!]

USCPAは日本を含めた世界各地の会場で通年実施されており、出願要件を満たせば非常にフレキシブルに受験ができます。そのため、ほとんどの方が学業や仕事と両立しながら勉強しています。

USCPAはいつ・どこで受験できるの?

[合格率]

アメリカ人の合格率は約50%、日本人は約30-40%となります。
USCPAは米国の国家資格ですが、努力すれば必ず合格できる試験と言われています。

USCPAの難易度

[合格迄に必要な学習時間]

一般的に1000~1500時間の学習が合格迄に必要と目安されており、単純計算で1日3時間学習すれば1年~1年半で合格に必要な学習時間に達します。

USCPAの勉強時間

いかがでしたか。
USCPAは忙しい方でもチャレンジしやすいことがお分かりいただけたかと思われます。
産休・育休中にチャレンジする方や、大学生の方、これまでの経験を形にしたい方などバックグラウンドは様々です。
合格体験記を読んでより身近に感じていただければと思います。
また、合格後は是非体験記をお寄せください。

いつでもご相談ください。

無料セミナーや個別ガイダンスで疑問を解消。
個別ガイダンスは、お電話やSkypeでも承っております。

USCPA Webセミナー

USCPA Webセミナー

約40分の動画でUSCPA受験のポイントを解説。

当校代表講師、佐々木洋和が、ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるからこそのグローバルな視点で、USCPAの今後の将来性や、受験勉強の”ホントのところ”をバリバリの英語とユーモア溢れるトークセンスで熱く語ります!ご視聴いただいた方には、お得なキャンペーンをご案内しております。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

個別ガイダンス

ご指定の日時に、事務局での対面でのご案内もしくはお電話/Skype、Zoomにて承ります。

お電話やSkypeをご希望の場合は事務局よりご連絡差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。

詳細を見る