MENU

その他

自宅で過ごす時間が増えた今、 役立つ資格を取ろう!

2021.1.29

コロナ渦で在宅時間の増加や将来に対する不安などから、資格取得への意欲が高まっている傾向にあります。
USCPAを取得することにはどんなメリットがあるのでしょうか

会計知識+英語力を証明

USCPAは全て英語の試験ですので、英語力のアピール材料となります。
さらに会計に特化した人材なので、より希少性が高い人材であるということを証明できます。

年齢層問わずキャリアパスが広がる

グローバル化が進む中、日本の企業も海外との取引が増えてきました。
海外とのやり取りでは、国際的な会計基準への理解が求められます。
グローバル企業の経理財務職において、USCPAは最も求められている資格です。
海外とのやりとりができる会計士が必要とされるので、BtoC、BtoBを問わず、幅広い業種で安定した需要となっています。

経理・会計業務以外にも企業財務、経営コンサルティングにおける様々な職位に就くにもUSCPAの資格を取得していることが求められております。

中堅層での需要
日本人USCPA受験者の平均年齢は34.8歳であり、実際プロアクティブの受講生の約半数が30代の中堅層となっております。
CFO(最高財務責任者)や財務ディレクターなど上級レベルへのキャリアアップを目指すのであれば、財務のプロフェッショナルとしてUSCPAの知識は必要不可欠となります。

合格前から出世!今後は海外現地法人財務責任者に<合格者の声>

学生・20代への期待
会計専門職や財務企画・分析においては、新入社員レベルであっても、USCPAを取得していることが求められます。
20代の経験が浅い段階では科目合格でもポテンシャルで高く評価されます。

2科目合格の段階で就職が決定!<合格者の声>

各キャリアステップで役立つことは間違いありませんので、早く取得するに越したことはありません!

USCPA合格者の転職実例

国際的な認知度と費用対効果

日本の公認会計士・簿記との比較
日本の公認会計士や簿記は、日本の企業では高く評価されますが、
一歩海外に出ると、これらの資格の認知度は低く、説明が必要となります。
USCPAであれば、国内海外問わず即座に認識してもらえます。

MBAとの比較
MBAはプロジェクト管理者や長期的・戦略的思考が必要とされる高いポジションを目指す場合に有利とな
USCPAと比較されることが多いですが、費用対効果は圧倒的USCPAが勝ります。
MBAは修了するまで滞在費を除いても700~2000万程の費用がかかります。
USCPAであれば国内で資格取得が可能であり、予備校費を含めても50~100万円程となります。

 

海外で働きやすい
いきなり現地採用はビザの取得もあるし狭き門かもしれませんが、
USCPAを取得して日本の企業で採用された後、海外の駐在となるケースは多いです。
USCPAはアメリカだけでなく、相互承認協定を結んだ国においても公認会計士として働くことが可能です。
(カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、香港、アイルランド、スコットランド、南アフリカ)

USCPAは他国の会計士としても活躍できる!

働きながら取得できる

日本の国家試験レベルとなると、多くの学習時間を要するため学習に専念する方が多いですが
USCPAは日本の公認会計士より合格率が高く、合格までの平均学習時間も少ないため働きながら取得する人がほとんどです。

USCPAはフレキシブルな試験スケジュールなので自分のタイミングで受験でき、
全4科目を1科目毎に受験可能なので、学業や仕事と両立しやすいです。

日本受験可能なので、わざわざ海外に行く必要もありません。

USCPAの学習時間は1000~1500時間が目安とされており、
単純計算で1日3時間学習すれば1年~1年半で合格できますので
大多数の方は働きながら合格しています。

プロアクティブの講義はWEBで受講できるので通勤時間や休憩時間など隙間時間も学習に費やせます。合格に必要な知識を効率よくインプット・アウトプットできるので、短期合格を目指せます!

プロアクティブの特徴について

約60分でUSCPAがまるわかり!

佐々木講師によるWEBセミナーは下記よりご覧ください。

USCPA Webセミナー

USCPAは経理職としてはもちろん、ビジネスパーソンとしてのキャリアアップができる注目の資格です
USCPAはこんな人にお薦め
●海外事業部門がある企業に勤めている人
●外資系企業に就職・転職したい人
●海外子会社をもつ企業に就職・転職したい人
●転職活動中の経理職
時間があるうちに資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

いつでもご相談ください。

無料セミナーや個別ガイダンスで疑問を解消。
個別ガイダンスは、お電話やSkypeでも承っております。

USCPA Webセミナー

USCPA Webセミナー

約40分の動画でUSCPA受験のポイントを解説。

当校代表講師、佐々木洋和が、ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるからこそのグローバルな視点で、USCPAの今後の将来性や、受験勉強の”ホントのところ”をバリバリの英語とユーモア溢れるトークセンスで熱く語ります!ご視聴いただいた方には、お得なキャンペーンをご案内しております。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

個別ガイダンス

ご指定の日時に、事務局での対面でのご案内もしくはお電話/Skype、Zoomにて承ります。

お電話やSkypeをご希望の場合は事務局よりご連絡差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。

詳細を見る

閉じる