MENU

USCPA資格

USCPAはいつでも受験できる!

2021.4.17

Continuous Testing制度

米国公認会計士試験は、日本の試験のように試験日が決まっておらず、年間を通して回数制限なくいつでも受験することができます。

例えば7月にFARを受験して不合格の場合でも、結果が出たらすぐに再受験の申し込みができ、早ければ8月中に再度試験を受けることも可能です。

2020年6月までは3の倍数月以外の月のみ受験可能、科目ごとに年4回までの受験という制限がございましたが、制限がなくなり、よりフレキシブルにスケジューリングができるようになりました。

テストセンター

米国、日本を含め世界各地にテストセンターがございます。

受験できる国についてはこちら

テストセンターはほぼ毎日営業していますので、空きがあればいつでもオンラインにて予約や日程変更が可能です。

試験結果

試験結果は試験日の約2~4週間後にオンラインで確認できます。

合格発表のスケジュールはこちら

 

試験制度・試験内容

 

 

 

いつでもご相談ください。

無料セミナーや個別ガイダンスで疑問を解消。
個別ガイダンスは、お電話やSkypeでも承っております。

USCPA Webセミナー

USCPA Webセミナー

約40分の動画でUSCPA受験のポイントを解説。

当校代表講師、佐々木洋和が、ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるからこそのグローバルな視点で、USCPAの今後の将来性や、受験勉強の”ホントのところ”をバリバリの英語とユーモア溢れるトークセンスで熱く語ります!ご視聴いただいた方には、お得なキャンペーンをご案内しております。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

個別ガイダンス

ご指定の日時に、事務局での対面でのご案内もしくはお電話/Skype、Zoomにて承ります。

お電話やSkypeをご希望の場合は事務局よりご連絡差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。

詳細を見る

閉じる