MENU

USCPA資格

大学在学中に科目合格で就職活動を有利に!

2019.11.15

大学在学中に出願できる州はいくつかございますが、当校では大学3年生後期にニューヨーク州出願することをお薦めします。

在学中の科目合格は狙い目!

就職活動の時期までに1科目でも合格していれば就職活動に非常に有利です。
これからUSCPAの資格を目指す新卒向けの採用枠がある大手監査法人もあります!
新卒は経験がありませんので、ポテンシャルで評価されます。大学生の就職活動において科目合格はポテンシャルをアピールでき十分なアドバンテージとなります。

 

大学3年生の後期にニューヨーク州出願しよう!

大学にて総合108単位以上あれば、グアム大学にて会計必須4科目12単位の取得でニューヨーク州の要件を満たすことが出来ます。
総合100単位前後になるのは早い方で大学3年生の前期となるでしょうから、
3年後期に出願し4年前期までに科目合格を目指すとよいでしょう
不足分はグアム大学で最大60単位まで取得可能です。

 

大学3年後期まで待てない!という場合・・・

基本的には大学で100単位近くまで取得するのを待ってからニューヨーク州出願がお薦めですが、どうしても早く受験したい!という場合は、モンタナ州やグアムの見込み受験という手段もございます。

グアムの見込み受験とは?

単位を取る見込みの状態で出願・受験ができるという制度です。初回受験日から18か月以内にグアムの学歴要件を満たす見込みのある人は利用出来ます。要件を満たすまでは例え全科目合格をして暫定合格の状態で、万が一期日までに要件を満たせなかった場合合格は取消となってしまいますので注意が必要です!

グアムの見込み受験を利用するためには、下記2点の提出が必要です。

 

・Certificate of Enrollment(履修科目登録証/ご自身で記入OK!)

・成績証明書(米国の大学在籍中)もしくは学歴審査結果(米国外の教育機関在籍中)

 

科目合格で他の就活生と差を付けよう!!

もちろんUSCPAの資格や知識は就職後も大いに役に立ちます!

USCPAを取得するメリットについて

最後に大学在学中に合格された方の体験記はこちら

K.O.さん

いつでもご相談ください。

無料セミナーや個別ガイダンスで疑問を解消。
個別ガイダンスは、お電話やSkypeでも承っております。

USCPA Webセミナー

USCPA Webセミナー

約40分の動画でUSCPA受験のポイントを解説。

当校代表講師、佐々木洋和が、ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるからこそのグローバルな視点で、USCPAの今後の将来性や、受験勉強の”ホントのところ”をバリバリの英語とユーモア溢れるトークセンスで熱く語ります!ご視聴いただいた方には、お得なキャンペーンをご案内しております。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

個別ガイダンス

ご指定の日時に、事務局での対面でのご案内もしくはお電話/Skype、Zoomにて承ります。

お電話やSkypeをご希望の場合は事務局よりご連絡差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。

詳細を見る

閉じる