MENU

ライセンス

ニューヨーク州の合格実績について

2019.6.10

ニューヨーク州は合格実績は消えません!

世界の経済都市であり、全米でも人気の出願先であるニューヨーク州。国内外から多くの受験生が出願しています。
ニューヨーク州のウェブサイト(New York Board of Accountancy)には合格実績について下記のように記しています。

Expiration of Examination Scores

In New York State, once an applicant has passed all four sections of the examination, the examination credit does not expire. Further, after successfully passing all four sections of the examination, there is no time requirement to meet the education or experience requirements for licensure. This applies to candidates who physically sat for the exam in the U.S. or abroad at an overseas location.(ニューヨーク州教育庁ホームページより抜粋)

ニューヨーク州は全科目合格したら、合格記録(examination credit)は消えません。これは米国で受験をした人にも米国外(日本等)テストセンターで受験をした受験生にも適用されます。とちゃんと書いてあります。

▼全文はこちら

ニューヨーク州出願ならプロアクティブにお任せ!

当校ではニューヨーク州出願に不足する単位をスムーズに取得いただけます。
しかも、ニューヨーク州は総合単位120単位と会計学の必須4科目(上級財務会計、管理会計、監査、税法)を取得すれば受験ができますのでほとんどの方にとって最も少ない単位数で受験ができ、大学3年生、4年生の方にもお薦めの出願先です!

もちろん日本受験も可能です。
合格後はニューヨーク州から合格証明書を何度でも発行することができます。
合格後のキャリアの必要に応じて、ライセンス登録をするかどうか検討できます。

 

成績証明書査定承ります

・自分がどのくらい受験に利用できる単位を持っているのか知りたい
・お薦めの出願先を知りたい
・単位取得の費用がどのくらいかかるのか知りたい
という方はぜひ成績証明書無料査定をご利用下さい。

でも、会計単位を全く持っていないという方がニューヨーク州出願をされる場合は当校で4科目12単位の会計単位を取得するだけです。(単位取得費用4科目12単位で1,000ドル)

いつでもご相談ください。

無料セミナーや電話・Skypeガイダンスで疑問を解消。

USCPA無料セミナー

USCPA無料セミナー

米国での経験を武器に、USCPA受験の攻略法を伝授。

USCPA試験にチャレンジすると決意された方でなくても、このUSCPA資格について知りたいと思ったなら、是非、当校の短期合格のためのカリキュラムや学習法・教材、そして講師陣について、実際に見て、聞いて、判断していただければと思います。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

電話・Skypeガイダンス

ご指定の日時にこちらからご連絡いたします。

ご希望の日時に事務局よりお電話差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。お電話 or Skypeでご連絡させていただきます。

詳細を見る

閉じる