MENU

ライセンス

USCPAの合格実績は消えるの? Informed Consent(同意書)を解説

2019.1.12

USCPAの合格実績が取り消されます⁉ってほんと?

日本受験をする場合Informed Consent(同意書)に同意する必要があります

日本テストセンターなど、海外テストセンターで受験する人はInformed Consent for International Candidates(同意書)に同意をする必要があります。
試験時にテストを受けるPCに表示されますので、受験の度に同意してから試験を受けます。
この同意書の中に下記文言があります。

(a) I shall obtain a Certified Public Accountant (CPA) license from the State Board
within three (3) years of passing all four sections of the Uniform CPA Examination,
counting from the date my scores are issued. In the event I have not obtained such
CPA license within three (3) years, under applicable state law, my scores can be
automatically withdrawn and I shall have no rights or privileges to them.

Informed Consent for International Candidates(同意書)全文はこちら

簡単に説明すると、「USCPA試験に合格した日から3年以内にライセンスを取得しなかった場合、合格のスコアが取り下げられることがあっても意義を申し立てできません」という内容です。

scores can be withdrawnです。scores will be withdrawnではありません。
スコアが取り下げられることがあった場合ですから、必ずあなたのスコアを取り下げるといっているのではございません。

2011年に日本受験がスタートしましたが、日本受験をされた方で合格から3年が経過し、合格実績が消えてしまっている方はいらっしゃいません。
合格後3年以上経過してからライセンスを申請される方もライセンス登録することができます。

従いまして、現状は米国外受験をする際のInformed Consentsについてはこういう事項があると気に留めておいていただくだけで大丈夫です。

※海外テストセンターで受験をされる方が同意するInformed Consentsとは別の問題として、州法により合格からライセンス取得までの期限を設けている州があります(ヴァーモント、フロリダ)。これは州法による規定で米国テストセンターで受験をされた方も該当します。(Informed Consentsとは別の州の方による規定となります)。

USCPAは外国の国家資格

USCPA試験は米国の、外国の国家資格です。
米国に居住していない(もしかしたら米国に一度も行ったこともない!)外国人にも広く門戸を開いている数少ない国家資格であるといえます。
2011年の日本受験を皮切りに、USCPA試験はアジア、中東、南米、ヨーロッパと国外受験を拡大しています。
NASBA(米国会計審議会)の方針としては、世界中にUSCPA合格者を輩出し、米国会計基準をより広めていきたいという考えです。

USCPAに合格することにより、「英語で会計やビジネス知識を有する人材」として、日本を問わず世界に活躍の機会を得ることができます。

ただ、外国人受験生はUSCPAは海外の資格であるということは肝に銘じておく必要があります。大きな国際情勢の変化があれば「日本受験(国外受験)を廃止する」、「外国人受験生の受け入れを縮小する」可能性はありますし、その際に海外テストセンターで合格された方の記録を破棄するというリスクはゼロではありません。

合格実績が抹消されたらどうしよう・・・

せっかく努力して合格を勝ち取ったのに、合格実績が消滅してしまい、合格したことを証明する手立てがない・・・
という事態になることはよほどのことがなければないと思いますが、それでも心配してしまう方にとっておきの情報です。

ニューヨーク州は合格実績は消えません!

世界の経済都市であり、全米でも人気の出願先であるニューヨーク州。国内外から多くの受験生が出願しています。
ニューヨーク州のウェブサイト(New York Board of Accountancy)には合格実績について下記のように記しています。

Expiration of Examination Scores

In New York State, once an applicant has passed all four sections of the examination, the examination credit does not expire. Further, after successfully passing all four sections of the examination, there is no time requirement to meet the education or experience requirements for licensure. This applies to candidates who physically sat for the exam in the U.S. or abroad at an overseas location.(ニューヨーク州教育庁ホームページより抜粋)

ニューヨーク州は全科目合格したら、合格記録(examination credit)は消えません。これは米国で受験をした人にも米国外(日本等)テストセンターで受験をした受験生にも適用されます。このように米国外受験生に対して、州法で合格実績が生涯保証されることが明記されているのは全米でニューヨーク州のみです。

▼全文はこちら

ニューヨーク州出願ならプロアクティブにお任せ!

当校ではニューヨーク州出願に不足する単位をスムーズに取得いただけます。
しかも、ニューヨーク州は総合単位120単位と会計学の必須4科目(上級財務会計、管理会計、監査、税法)を取得すれば受験ができますのでほとんどの方にとって最も少ない単位数で受験ができ、大学3年生、4年生の方にもお薦めの出願先です!

もちろん日本受験も可能です。
合格後はニューヨーク州から合格証明書を何度でも発行することができます。合格実績は生涯消えませんので、合格後のキャリアの必要に応じて、ライセンス登録をするかどうか検討できます。

ライセンスは必須か?

成績証明書査定承ります

・自分がどのくらい受験に利用できる単位を持っているのか知りたい
・お薦めの出願先を知りたい
・単位取得の費用がどのくらいかかるのか知りたい
という方はぜひ成績証明書無料査定をご利用下さい。

でも、会計単位を全く持っていないという方がニューヨーク州出願をされる場合は当校で4科目12単位の会計単位を取得するだけです。(単位取得費用4科目12単位で1,100ドル)

 

いつでもご相談ください。

無料セミナーや個別ガイダンスで疑問を解消。
個別ガイダンスは、お電話やSkypeでも承っております。

USCPA Webセミナー

USCPA Webセミナー

約40分の動画でUSCPA受験のポイントを解説。

当校代表講師、佐々木洋和が、ニューヨークの大手監査法人での実務経験があるからこそのグローバルな視点で、USCPAの今後の将来性や、受験勉強の”ホントのところ”をバリバリの英語とユーモア溢れるトークセンスで熱く語ります!ご視聴いただいた方には、お得なキャンペーンをご案内しております。

詳細を見る

電話・Skypeガイダンス

個別ガイダンス

ご指定の日時に、事務局での対面でのご案内もしくはお電話/Skype、Zoomにて承ります。

お電話やSkypeをご希望の場合は事務局よりご連絡差し上げます。事務局の営業時間内(日本時間ベース)に限りますが、海外へのご連絡も可能です。

詳細を見る

閉じる