MENU

佐々木講師のブログ

佐々木講師のブログから最新の記事を抜粋してご紹介します。

佐々木講師

2006年より佐々木講師が更新しているブログの記事の最新の数件をご紹介しております。
最新の試験情報や勉強法、合格者からの声、日常のことまで多岐に渡る内容です。
過去の記事をご覧になりたい方は こちら

2022年12月01日

コロナ禍を乗り越えUSCPA合格

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

H.H.

年齢

50

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

製造業

所属部署(役職)

事業管理部長

在籍コース

eラーニング

出願州

ニューヨーク州(受験した場所とは違います。)

合格時期

年    月

受験会場

東京

合格までの受験回数

5

合格点数と時期

FAR

89

REG

86

AUD

80

BEC

75

/時期

2021/09

/時期

2021/10

/時期

2022/01

/時期

2021/12

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

海外事業に関わる仕事をしており、体系的な知識を取得・整理しておきたかったため

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間 2 年間

1週間当たりの平均学習時間  1015時間

学習当時は海外駐在をしていたが、コロナ禍で外出があまりできなかったこともあり、特に休日は家にこもって勉強をしていた。特にMCを中心に何度も繰り返し説きながら、自分でノートに論点をまとめていった。

 

3、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

REGです。特に覚えることが多く、まとめノートを作りながら覚えていきました。じっくり勉強したおかげで、1度で合格することが出来ました。

 

4、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

FAR:基本的なことをしっかり覚えていくこと。政府会計も重要な論点をしっかり理解すること。

AUD:基本的な考え方をしっかり理解して、どのような問われ方をしても対応できるようにすることが必要かと思います。

REG:暗記すべきことが多いので、まとめノートを作って整理し、しっかり覚えることが必要だと思います。

BECMCを何度もやって、重要な論点を押さえることに努めました。WCの勉強にはあまり時間をかけませんでした。

 

5、受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

手続きなどで問い合わせても、いつも親切に対応いただきました。

 

6、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

計算もあるため、一番、試験時間に余裕がなかった科目です。あせらずリラックスして試験に臨むことが必要かもしれません。

REG

試験の直前にまとめノートを読み返して、リラックスして臨み、無事、1回で合格できました。

AUD

AUD2回の受験で合格しました。4科目の中で一番英語力・読解力が必要になる試験でもあり、慎重に問題文を読むことも必要かなと思います。

BEC

初見の問題もたくさんでて、かなり焦りましたが、1回の受験で、なんとかぎりぎり75点で合格できました。

 

7、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

体系的な知識が身についたことにより、自信をもって、業務に取り組むことができるようになりました。

 

8、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

USCPAに合格することで、海外での仕事や、会計・監査などの専門家として、キャリアパスが広がります。しっかり勉強すれば合格できる試験だと信じて頑張ってください!

 

9、その他、ご意見、ご感想等ございましたら、ご自由にお書き下さい。

学習を始めてから合格まで2年と少し、ライセンス取得までだと2年半かかりました。長い期間でした

が、プロアクティブにしっかりサポートして頂きました。ありがとうございました。


合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら

2022年12月01日

どこの予備校でも同じ過去問題を解くよ

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

K.T.

年齢

37

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

日産自動車

所属部署(役職)

先行開発部

在籍コース

eラーニング

出願州

ニューヨーク州(受験した場所とは違います。)

合格時期

2022年 9

受験会場

東京

合格までの受験回数

6

合格点数と時期

FAR

82

REG

80

AUD

84

BEC

81

/時期

2021/12

/時期

2022/09

/時期

2022/02

/時期

2022/05

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

キャリアチェンジのためです。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間教えてください。

学習期間 22カ月

1週間当たりの平均学習時間  平日1.5時間 休日5時間

 

3、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

FAR。一番範囲が広かったため、すぐに忘れてしまいます。

 

4、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

FAR:何度もMCを繰り返す。覚えにくいところは、TBSを何度も解く。直前はキャッシュフロー、公会計、NPOを中心に復習した。

 

AUD:全体の流れの理解。どのようなステップがあって、どうしてそのタイミングでやる必要があるのかを深く理解すること。また、MCの問題では、正解にならない選択肢がどうして間違っているのか理解すること。わからなければ、自分なりの解釈でも理由付けしておくこと。

 

REGMCをランダムに解くこと。Basisの計算方法。特にBasisの計算は会社形態により計算方法が異なり結果が違う。そこをひっかける選択肢があり、自信をもって答えることが難しい。

 

BECMCを何度も解くこと。わからない単語は調べること。ITなどは最新の単語がたくさん出てきて、わからないことがたくさんある。WCに関しては、時間をかけて勉強せず、サンプルの問題を答え見ながら、キーワードを拾って自分なりの文章を作ることが大事だと感じている。

  

5、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

時間配分を学んでおく。2度目の受験で合格したが、1度目は全く時間が足りなかった。

REG

Basisの計算方法と会社の形態の差による違いをまとめる。試験でいくつも聞かれたが、自信をもって答えることができず、手ごたえがあまりなかった。

AUD

FARを合格した後に、受験すること。2度目の受験で合格したが、1度目はFAR前に受け、カットオフなどの理解が不十分であった。

BEC

MCをきちんと解けるようになること。苦手分野を作らないこと。TBSは受験日に対して余裕をもって始めること。

 

6、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

今までのキャリアと異なる業界へのチャレンジはできるようになったかと思います。USCPAがなければ門前払いかと思います。

 

7、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

USCPAは落とす試験ではないと感じました。全科目合格までは、途方もなく長い道のりに感じます。何度も心が折れて、やめたくなることになるかもしれません。そうした時は、USCPAの勉強を始めたときの理由を思い返してみてほしいです。短期合格のすごい人ばかり見ずに、地道にマイペースで勉強すれば、いつかゴールにたどり着けます。

 

8、その他、ご意見、ご感想等ございましたら、ご自由にお書き下さい。

予備校選びで、ネット情報はたくさんあります。どこで学ぶかより、自分がどう学ぶかのほうがよっぽど重要なので、予備校は手段でしかないことを理解して勉強を始めることをお勧めします。


合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら

2022年12月01日

人生100年、USCPA活かそう

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

A.O.

年齢

38

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

 

所属部署(役職)

 

在籍コース

eラーニング

出願州

ニューヨーク州(受験した場所とは違います。)

合格時期

2022年 8

受験会場

大阪

合格までの受験回数

4

合格点数と時期

FAR

75

REG

83

AUD

85

BEC

87

/時期

2021/08

/時期

2022/08

/時期

2021/10

/時期

2022/03

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

人生100年時代への対策として、専門性を持ち働き続けるために目指しました。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間   2年間

1週間当たりの平均学習時間  平日 2時間   休日 5時間

産前産後休暇中から学習を開始。

学習期間:産後直後をのぞき、1.5

平均学習時間:休職中は134時間。テスト前は5時間程度。復職後は12時間。

 

動画流し見→MC数回転→理解できていない点は再度動画等で学習

 

3、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

FAR1科目目であり、学習の要領がつかめてなかったことと、範囲が広かったため

 

4、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

FARBECMCをこなす。
AUD
:暗記メイン。「何となく分かった」状態でなく、言葉で説明できるぐらい、理解度を高めるようにし

た。

REG:暗記メイン。MCをこなす。

 

5、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

範囲が広いため、深みにハマらず、まずは、動画で講師が「必ず出る」と言っているポイントを確実に習得すること。

REG

出題範囲の割合に強弱があったため、メリハリ付けて勉強したほうが、効率的だと感じました。

AUD

まとめノートを作り、頭の整理をすることをお勧めします。

BEC

ライティングのサンプルに目をとおし、答えられるようにしておくことは、MC対策としても役に立ちました。

 

 

6、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

現業での、資本提携検討や管理会計対応で、学習した内容を応用できています。

 

7、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

1日数十分でも時間をとり、勉強を続けることが大切かと思います。


合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら

2022年12月01日

希望先への転職おめでとう

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

T.O.

年齢

30

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

監査法人

所属部署(役職)

金融事業統括部

(シニア)

在籍コース

eラーニング

出願州

ニューヨーク州(受験した場所とは違います。)

合格時期

2022年 3

受験会場

東京

合格までの受験回数

13

合格点数と時期

FAR

80

REG

76

AUD

78

BEC

76

/時期

2020/12

/時期

2021/05

/時期

2021/06

/時期

2022/03

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

専門知識を身に着けたいと思ったからです。私は前職では保険会社で代理店営業を行っておりました。業務の中で代理店の方と一緒に中小企業の経営者に対して法人保険の提案を行うことがありました。その中で中小企業の財務的な課題を保険で解決できるという提案を行っておりました。その営業活動の中でより高度な専門性を身に着けて、高度かつグローバルな財務アドバイスを行いたいと考え、USCPAを目指しました。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間  2年半

1週間当たりの平均学習時間  平日 2時間  休日 7時間

動画の視聴と問題演習。特に問題演習については解けなかった問題を中心に何度も復習を行いました。

 

3、講義の良かった点・改善した方が良いと思う点を教えてください。

動画付きの解説が良かったです。

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

BECに一番手間取りました。WCが非常に苦手でした。英作文の基礎から学びなおしていたので時間がかかりました。

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

FAR:公会計を中心に学習しておくといいと思います。思った以上に公会計の問題が多いです。

 

AUD:私としては難解な科目だと感じました。監査の流れを深く理解しておく必要があります。自分なりにフローチャートを作成して丸暗記できるまでのレベルにもっていった方がいいと思います。

 

REG:一番簡単な科目だと感じました。あまり勉強せずに合格できました。とにかくBasis問題を解けるようになればいいと思います。

 

BEC:一番苦労した科目です。WCに苦労しました。MCTBSは特に難しくありません。私の場合は英作文が苦手でした。英作文の基礎を学ぶことができる参考書を購入し、基本的な文法から学びなおしました。

 

6、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

基本を押さえていればそんなに難しい科目ではないと思うので、基本的な部分を網羅的に理解しておくことが重要だと思います。

REG

暗記すべきポイントをまとめノートにしてひたすら暗記しました。暗記すれば解けてしまうので効率的に暗記していくことをお勧めします。

AUD

特にTBSでは英文量が非常に多いので速読力と問題に対応する資料を早く見つける力が必要だと思います。基本的には問題の順番と資料の順番は一致しているので大体の場所の想定しながら早く問題を解いていった方がいいと思います。

BEC

苦労される科目だと思いますので受ける順番についてしっかり考えた方がいいかと思います。

 

7、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

転職したかった企業に就職することができました。

 

8、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

24年から試験の仕組みが大きく変わるので23年中に合格することをおすすめします。


合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら

2022年12月01日

筋トレと同じ。コツコツ続ければ報われる

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

R.W.

年齢

32

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

会計監査

所属部署(役職)

アソシエイト

在籍コース

eラーニング

出願州

ニューヨーク州(受験した場所とは違います。)

合格時期

2022年 10

受験会場

東京

合格までの受験回数

4

合格点数と時期

FAR

82

REG

86

AUD

78

BEC

82

/時期

2022/03

/時期

2022/10

/時期

2021/08

/時期

2021/08

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

グループ監査の一環として海外のファームから指示を受けて手続を実施したり、外資系企業の監査等を実施したりする中で、海外の公認会計士の資格に興味を持った。今後、海外でのキャリアも視野に入れて、選択の幅を広げるためにUSCPAが最適だと考えた。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間約13ヶ月

(業務都合で途中6ヶ月間休止)

1週間当たりの平均学習時間  平日 - 時間 休日 - 時間

基本は講義を1.5倍速で聞いてから、ひたすらMCQの過去問とRecently released questionを満遍なく解き続けた。Simulationは試験1週間くらいから、問題の形式に慣れるために解き始めた。特別な事を聞かれるわけではないので、Simulation対策はこれくらいで十分かと思う。

 

3、講義の良かった点・改善した方が良いと思う点を教えてください。

受講しながら色々と思うこともあったが、結果的に1発合格できたし受講料も割と良心的なので、予備知識をある程度持っている人には向いているのだろう。どうしても事前の知識でバイアスがかかるので、初学者はどう感じるか分からない。

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

Regulation - 日本の公認会計士試験の知見があまり流用できなかったので、ゼロベースで取り組む必要があったため。

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

FAR:範囲が非常に広いので、講義を聞いたらその日の内にMCQを解く。余裕があれば後日復習してから次の単元に進む。基本的には広く浅く、ただし似た問題が出題されたら必ず解けるだけの再現性は必要。理解はもちろん大事だが、ある程度手を動かして刷り込むことも求められると思う。

 

AUD:日米の基準の違いにフォーカスして、ひたすらMCQを解いていた。

 

REGMCQから教科書に立ち返ったり、自分でネットで調べたりと、馴染みのない科目なので理解を大切に進めた。

 

BECWCだけは頻出トピックや定型の文面を暗記したり、実際に手を動かして作文したりして注力した。

 

6、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

公会計が重要とは聞いていたが、予想以上にNPOの問題が多く、本番は少しだけ焦った。直近の傾向等踏まえて、満遍なく準備するのがいいだろう。

REG

BASISの求め方が会社形態によって微妙に異なるので、完璧に答えられるよう頭に叩き込んでおいた方が良い。MCQSimulationの両方で出題された。加えてMCRS償却も必須。

AUD

最も勉強しなかった科目で、点数も1番低かった。油断せずにしっかり準備したほうが良い。英文を読む量が多いので、普段から速読を意識すると良いかもしれない。

BEC

原価計算は試験・実務の両方で重要な範囲なので、中途半端にせず納得いくまでやり込んだ方がいいと思う。WC50分くらい残り時間があったが、思ったより時間が足りないので、時間配分には注意すべき。

 

7、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

まだ合格直後で具体的なエピソードはないが、ダブルライセンスを武器にして、海外への転職や社内でのスキルの差別化を図っていきたい。特にグローバルの認知度は日本の資格よりも優れた部分があるのではないかと期待している。

 

8、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

コツコツ続ければ必ず報われる試験だと思います。最初の1科目を受験するところまで辿り着けば、きっと最後までやり遂げられるはずです。科目合格の1年半の間にできることは沢山あるので、臆せずチャレンジしてください。


合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら

USCPA無料セミナーのご案内

英語を織り交ぜたユニークな講義です。

佐々木講師による無料のセミナーを開催しております。試験についてはもちろん。資格の活用法や受験のテクニック、USCPA受験に関する全てが分かるセミナーです。是非ご参加下さい。

佐々木洋和
ニューヨーク州公認会計士ライセンスホルダー
米国公認会計士協会・正会員。1968年東京生まれ。PACE University卒業後、Ernst & Young、Arthur Andersen(ともにNew York City)勤務を経て、現在はUniversity of Guam Japan Executive Director、株式会社プロアクティブ代表取締役 佐々木講師

USCPA無料セミナー 次回は12月09日19時(金)開催  セミナーの詳細

閉じる