MENU

佐々木講師のブログ

佐々木講師のブログから最新の記事を抜粋してご紹介します。

佐々木講師

2006年より佐々木講師が更新しているブログの記事の最新の数件をご紹介しております。
最新の試験情報や勉強法、合格者からの声、日常のことまで多岐に渡る内容です。
過去の記事をご覧になりたい方は こちら

2019年03月25日

気持ちの入った合格体験記

今宵はフランクシナトラ NYNY

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

SY

年齢

41


業種

 

 

所属部署(役職)

経理課長

在籍コース

eラーニング

出願州

ニューヨーク州

合格時期

2019年  3  月

受験会場

東京

合格までの受験回数

5

合格点数と時期

FAR

REG

AUD

BEC

/時期

2017/11

/時期

2019/3

/時期

2018/4

/時期

2018/7

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

USCPAには20代の頃から憧れてはいたものの、働きながら勉強できるとは思えず、手を出せずにいました。ただ現職で海外BIG4で勤務経験のあるUSCPA保持者と仕事をするようになり、彼らの優秀さに驚いて、自分も挑戦したいと思うようになりました。

 

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間    2  年間

1週間当たりの平均学習時間  平日  2 時間   休日 3-4 時間

子供が3人いることもあり、勉強開始時に「土日に家族をほったらかして勉強だけをするという事はしない」と決めていました。他の人より合格まで時間がかかってもよいので、あせらず自分のペースで勉強することを心掛けました。

平日は退社後に図書館へ行く習慣をつけMC中心に勉強し、通勤電車では間違えた問題の解法をまとめたflashcard見返していました。

休日はノート作りやsimulation対策をする事が多かったです。

 

FAR: 簿記の知識はありましたが英語だし範囲が広いので、満遍なく勉強しようとしたら思ったより時間がかかってしまいました。始めの科目だったので手探りでしたが、勉強のパターンやこのくらいやれば合格できるという感覚がつかめました。

 

AUD: Audit reportのテンプレートと使われる単語の意味を覚えるのが一番の近道です。経理経験が無い方も不安に思わず、講義で教えられている内容を押さえておけば十分です。計算問題は少ないので英文読解がポイントで、とにかく問題文を慎重に読むようにしました。

 

BEC: 経済学の基本的な内容や工業簿記の原価計算まで、範囲が多岐にわたります。簿記二級レベルの知識があると有利だと思いました。


REG:2回受験した、1番苦労した科目です。

Common Lawは広く浅くの勉強でよいです。講義とMCで間違えた問題をflashcardを使って通勤電車で読んで覚え、試験直前はTaxだけに集中しました。

TaxのフォームをIRSのサイトからプリントアウトし、繰り返し見て慣れておくことをお勧めします。

・業態ごとのtax basisの計算方法とdistributionを受けた時の数字の変化については自分で早見表を作って試験会場についてからも見直しました。

 

 

3、講義の良かった点・改善した方が良いと思う点を教えてください。

先生の話が面白く、静かな図書館で思わず吹き出しそうになることも何度もありました。一人で勉強を続けるにあたり、内容が楽しいという事はなによりの助けになりました。 

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

FARです。一番初めに受験したのでペースが分からなかったこともあり、慎重を期して勉強開始から7か月後に試験を受けました。それでサイト上の問題を一通りやれば十分合格できると実感できたので、その後の科目は早々に試験を予約してそれに合わせて勉強するようにしたのですが、最後のREGで初めて不合格を味わいました。一週間ほど勉強を休んだ後、気持ちを切り替えて次のwindowでの試験予約をして自分を追い込みました。REGは6か月ほど勉強したことになります。 

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

Simulationは慣れが必要なので試験直前に過去問を1回だけするのではなく、何度か解いておいた方が良いです。SimulationMCの応用なので、Simulationの勉強をしておけばMCの勉強にもなります。例えばREGは税金のFormを記入する問題も出ますが、どのFormに何を記入するか分かっているだけで解けるMCの問題がたくさんありました。Super直前も本当に直前に初めてやるのではなく、一度済ませておいて試験直前は間違えた問題を見直すくらいが良いと思います。 

 

6、受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

分からないことは迅速にサポートしていただき、全く不便を感じることはありませんでした。ありがとうございました。

 

7、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

Simulationで全く想定していないタイプの問題が続出して自信喪失したのを覚えてます。この経験を経て、以降の3科目はSimulation対策を入念にするようになりました。 

REG

一度不合格だったので2回受験しました。一度目の時は設問の意図がそもそもわからないという物もあったので、落ちるべくして落ちたと思います。二度目に受けた時、ほぼ同じことを聞いているcommon lawの問題が同じtestletで2回出て、驚きました。 

AUD

FARで聞かれるような仕訳の問題がsimulationで出てきて、最初にFARをやっておいて助かった場面がありました。

BEC

WCは文頭と結末に何を書くかだけ決めておき、問題を読む前からまず回答文に書くようにしていました。

 

8、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

始めは「どうせ同じ問題は出ないのだから何度も過去問を解く必要はないのでは」と思っていたのですが、間違えた問題は解き方を覚えるまで何度も見直したほうが良いと今ではわかります。うまくいかない時は目移りするでしょうが、プロアクティブの教材以外に手を出す必要はありません。 

 

9、試験会場と現地の印象を教えてください。

全て東京のプロメトリックセンターで受けました。AICPAのサイトでの模擬試験を受けてみて、その電卓機能がしっくりこなかった場合は当日本物の電卓を借りたほうが良いです。

 

10、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

職場でUS基準の知識に基づいた発言ができるようになり、より多くの意見を求められるようになりました。日本とアメリカの税制の違いなど、US本社を持つ日本法人で働く身としては両方理解できている方が有利です。US本社の人間でも両方の視点は持っていないので、こちらの意向をより尊重してもらえるようになったと感じます。

 

11、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

試験で解いたことが無いパターンの問題を見たらパニックになるかもしれませんが、

75点取れればOKなので、4分の1は間違えても合格できます。

私はこう考える事で試験中リラックスできました。

1問解けない問題があるからといって今まで積み上げてきた物が全部無駄になるわけではありません。あきらめずに頑張ってください。

 

12、その他、ご意見、ご感想等ございましたら、ご自由にお書き下さい。

自分自身が数年前に皆さんの合格体験記を読みながら、プロアクティブに申し込むべきか悩みモヤモヤしていたのを覚えています。

合格した方々の事を遠い存在のように感じましたが、実際に合格してみて、一番大きな違いは「やるかやらないか、決意できるか」どうかだと分かりました。

皆さんもUSCPAを取得してどうなりたいのか頭に浮かんでると思います。それがあきらめきれないなら、是非チャレンジしてみてください。

2019年03月19日

ママさん 合格

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

匿名希望

年齢

34

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

IT

所属部署(役職)

経理

在籍コース

 eラーニング



合格時期

20193

受験会場

お茶の水

合格までの受験回数

4回

合格点数と時期

FAR

76

REG

84

AUD

82

BEC

88

/時期

2018/6

/時期

2018/12

/時期

2018/3

/時期

2019/3

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

英語力をつけたいのと、経理として会計知識の取得という目的もありましたが、それと、転職を目指していました。実務経験が少し欠けていたので、評価される資格を取って、補おうと思いました。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間     2 年間

1週間当たりの平均学習時間  平日  1.5時間   休日  0.5 時間

小さい子供がいるので、まとまった時間の確保が難しく、主に通勤時間を利用して勉強しました。PDFを印刷してみながら電車の中で講義を聞いたり過去問を解いたりしました。

 

3、講義の良かった点を教えてください。

佐々木先生の講義は眠くならないので助かっています(笑)。特に重要な部分は声に抑揚をつけて言ったり、強烈な例を上げたりして覚えやすかったです。

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

REGです。覚えなければならないものが多く、時間がかかりました。

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

試験直前は一回間違えた過去問を中心に勉強しました。

  

 

6、受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

質問をするといつも非常に早く返事をしてくれるので、助かっています。ありがとうございました。

 

 

7、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

経理ですので、仕事でもいろいろ触れていましたので、少し軽視していました。過去問の練習も足りなかったです。なので、ギリギリセーフで合格しました。

REG

覚えなければならない項目や数字が多く、一番時間をかけて勉強しました。時間があるときは、大事なポイントをメモに落として、自分なりに整理すれば役に立つと思います。

AUD

監査を受けた経験があるので、勉強していてとても面白かったです。以前監査法人の先生がやったことの意図なども、今更ですがいろいろ理解することができて、勉強していて良かったです。

BEC

一番WCを心配しましたが、意外とそんなに難しくない問題が出てきました。日々全く英語を使ってないですが、それでもなんとか書けました。難しい英単語を並ぶよりは、筋を通った理屈のある簡単な文章を書いたほうがいいと思います。

 

8、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

自信を持って臨むこともすごく大事だと思います。私は大丈夫!と自分に言い聞かせ、慌てずにちゃんと最初から時間配分を配られた計算用紙に書いて、リズムを崩さずに進めていくことはとても大事だと感じました。

 

9、試験会場と現地の印象を教えてください。

時間ぴったりにいくと行列で待つことがもったいないので、少し早めに行ったほうがいいと思います。早めに行っても受付してもらえるので、時間のロスもないです。

 

10、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

3科目合格後に転職できました。実務経験が少ない私ですが、おそらくUSCPAの受験と科目合格は評価されたと思います。

 

11、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

私と同じく、仕事をしながら育児するママで、USCPAに挑戦してみたいと思っている方がいれば、ぜひ試してください。時間はなかなか確保できないとは思いますが、隙間時間や通勤時間を利用して、そして、焦らずに2年や3年をかけて勉強すれば必ず合格できると思います。


合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら

2018年12月14日

USCPA合格

お名前

匿名希望

年齢

36

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

監査法人

所属部署(役職)

Senior Manager

在籍コース

eラーニング



合格時期

2018年    11

受験会場

東京、大阪

合格までの受験回数

1

合格点数と時期

FAR

86

REG

75

AUD

89

BEC

82

/時期

2018/11

/時期

2018/11

/時期

2018/11

/時期

2018/11

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

日本の会計士ですが、勤務する監査法人での海外駐在をきっかけに、現地駐在オフィスでの自身のプレゼンスを高めたいと思いUSCPAを目指しました。また、海外駐在期間中は、日本で働いていた時にくらべ、平日夜などプライべートな時間も増えたことも目指したきっかけです。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間      730年間

1週間当たりの平均学習時間  平日  1.5時間   休日  2.5時間

佐々木先生の講義を一通り聞いたあとは、過去問を一度解き、間違えた問題のみ繰り返し解くようにしました。車通勤であったため、特にREGなど暗記すべきトピックが多いものは、運転中に講義を倍速で繰り返し聞いて暗記しました。

 

FAR:200時間、日本の会計士であり、日本基準やIFRS知識はあったため、日本基準やIFRSUS基準と異なる点や、政府会計を中心に学習。

REG:180時間、覚える量が多く、試験日まで時間も限られていたことから、過去問データベースの問題は解かず、テキストとテキストに載っている過去問のみ繰り返し学習し、基本的な問題のみを確実に解けるようにしました。

AUD: 180時間、日本の会計士であり、監査実務の経験も10年以上あったため、一通りテキストを学習し、過去問は間違えた問題のみ2回転しました。

BEC: 170時間、各論点に関してテキストと過去問を中心に基本的なところのみを学習。過去問は1回転したあと間違った問題のみ繰り返し学習しました。

 

 

3、講義の良かった点・改善した方が良いと思う点を教えてください。

講義の良かった点は、なんといっても佐々木先生の話が面白いことにつきると思います。おかげで孤独なオンライン学習でも飽きることなく継続して学習することができました。

 

改善した方が良い点は、過去問をオンラインで解く際に間違った問題にフラグを立てて、あとから効率的に間違った問題だけ復習できるようにした方が良いと思いました(私は間違えた問題だけを繰り返し解く学習であったため、いちいち間違えた問題をエクセルに転記して管理する必要があり非常に手間でした)。

 

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

4科目ともおおむね150時間から200時間くらいの学習時間でした。

 

FARAUDは、日本の会計士資格があり、また10年以上の会計監査実務の経験もあったため、USCPA試験の合格のためだけであればそこまで時間をかける必要はありませんでしたが、改めて基本的な部分を含め理論と計算による学習を現在の監査の実務に生かしたかったため、あえて相対的に多くの時間を割きました。

 

BECREGはまずは基本的な論点をテキストを中心に学習したうえで、1回目の試験に挑み学習の手ごたえをつかもうと考えていましたが、既存の知識もありなんとか1回目で合格できたので、結果として当初計画して学習時間ほどはあまり時間はかかりませんでした。

 

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

AICPAがリリースしているサンプルテストは必ず解いておいた方が良いと感じました。私の場合、TBSで結構似たような形式の問題が多くでました(本番試験に似た環境のため試験慣にも効果的です)。

 

本番試験ではエクセルが使えるため、普段の学習からFARBECの過去問の計算問題はエクセルを使って計算して回答するのに慣れておくと便利です(例えば、BECで一次方程式を解くような問題はエクセルを使って計算式を組み、回答選択肢から答えを導くのが効率的)。

 

REGは暗記する量が多いため、まずはテキスト(特に税法)を中心に基本的な理解をしっかり固めるとよい。

 

 

 

 

6、受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

回答のレスが非常に早い点が良かったです。

 

8、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

試験では時間は足りなかったが難しいとは感じなかった。

REG

試験では時間も足りず、試験終了後は確実に落ちたと思ったが75点でギリギリ合格しました。

AUD

試験自体は時間的にも余裕があり難しく感じなかった。試験終了後、AUDだけは確実に合格しているだろうとの感触がありました(逆に残りの3科目、特にREGなど合格の確証は持てませんでした)

BEC

試験ではMCで苦手なITの問題が多く出たため苦戦。WCは普段より仕事で英語でメールやレポートを作成しているため、苦手意識はなく時間的にも余裕があった。

 

9、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

試験では5つのタブレットごとの時間配分は必ず守ることが重要だと感じました。私の場合、2日間で4科目を集中的に受験しましたが、初日の午前中に初めて受けたFARではMC2時間30分を使ってしまい、後半のTBSがかなり時間的に厳しかったです。そのため、この反省を生かし初日午後と2日目はとにかく当初決めた時間配分を絶対に守ることを意識しました。

 

 

10、試験会場と現地の印象を教えてください。

東京と大阪で受験し、また午前と午後連続での受験でしたが試験の係員の対応もスムーズで問題はありませんでした。

 

11、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

せっかくUSCPAに合格したので、2度目の海外駐在としてアメリカを希望したいです。

 

12、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

佐々木先生の授業は本当にユーモアに溢れ、聞いていて飽きることがありません。佐々木先生を信じて、最後まであきらめずに学習を続けてください。


合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら

2018年12月02日

1月12日午後5時から

合格おめでとうPARTY
@ホテルオークラ 別館

鮨 久兵衛 その場で握ります。

泣く子も笑顔 中華 桃花林 でます。

オークラ別館も 取り壊す前に 見ておいたほうがいいかも

来年オークラは 新本館 新別館 竣工します。2020年のPartyはそちらになります。 

科目合格者も参加可能です。早めに連絡してね。 

合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら

2018年10月22日

フランクシナトラの名曲 New York New Yorkをかけようか

合格おめでとう

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

R.M

年齢

32

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

製造業

所属部署(役職)

海外営業

在籍コース

eラーニング

出願州

ニューヨーク州(受験した場所とは違います。)

合格時期

20189

受験会場

御茶ノ水

合格までの受験回数

7

合格点数と時期

FAR

82

AUD

84

BEC

83

REG

90

/時期

2017/9

/時期

2018/9

/時期

2018/9

/時期

2018/9

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

海外でも通用するキャリアが欲しかったため、USCPAを取得して会計士を目指すことを決意。その他の選択肢であった欧米の大学院やMBAと比較してもコストパフォーマンスがよさそうだったため。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間2年間

1週間当たりの平均学習時間  平日3-4時間   休日10時間

講義を動画で視聴した後、講義の音声だけをmp3形式に落として通勤時間中にひたすらテキストと音声で講義を反復しました。講義の内容の理解が深まった後、過去問データベース(トピック別)MCを反復しました。試験の2週間くらい前からは過去問データベース(近年の過去問)を解くようにしました。

 

3、講義の良かった点を教えてください。

良かった点は断然佐々木先生の講義です。面白い。聞いていて退屈しないのでストレスなく講義を反復することができました。外国籍の妻も講義の英語の部分で爆笑してました。また、特に授業は抑揚をつけて説明くれるので大事なポイントが自然と頭に残りました。試験日では関連した単語を見るだけで佐々木先生のシャウトが頭の中で自動再生されるほど頭にこびりつきます。

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

FARです。会計のバックグランドがゼロからのスタートでしたので、無料※でもらえる会計入門から始めました、そのため試験受けるまで時間を要しました。 ※キャンペーンをご利用された場合

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

ポイントはどれだけMCの正答率を短時間で上げれるかだと思います。また、過去問の問題数は合計でかなりの量になるのでいかに効率の良い勉強が必要になります。私の場合は解いた過去問の履歴をすべてメモしておきました。例えば確信をもって正答できた場合、いくつかの選択肢で迷いながら正答した場合、英語の読み違いで間違えた場合、全くわからない場合等の理解度を後で自分でわかるようにしてました。その履歴を見ながら苦手なトピックや仕上がってるトピック等を分析しながら進めて、学習効率を上げるようにしました。

 

 

 

6、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

トピック別過去問やシミュレーションは一切手を付けずに佐々木先生の講義と最近の過去問だけ解いて試験に臨みましたが一発合格することができました。MCは基本的な計算問題が多く、理論問題も奇抜なものがなかった印象です。比率はそれぞれ50%くらいだっと思います。シミュレーションは最終的にIncome statementを作るような問題だったと記憶しています。

REG

講義、過去問全部、シミュレーションを一通り反復して臨み、一発合格できました。税法はかなり細かい部分まで計算させられるMC問題も何問かありました。商法は満遍なく全体から出題された印象です。シミュレーション難易度はそこまで高くなかった印象ですが、内容は全然覚えてませんが税法に関することがほとんどでした。

AUD

個人的には一番難しい科目だと思いました。合計3回受験させられました。(687484)

各トピックから満遍なく細かい部分までMCで問われ、回答の選択肢にもトラップがいくつも隠されています。各トピックをしっかり体系的に理解することと、正解でない選択肢がなぜダメなのかという点も考えながら学習することが合格するポイントかと思います。シミュレーションの問題は他の科目よりも難易度が高いように感じました。見たこともないようなサンプリングの表とかでます。

BEC

2回受験しました。1回目は準備不足でした。2回目は講義、過去問全部、シミュレーションを一通り反復して臨み合格しました。エッセーに関しては何も勉強しませんでした。MCでは驚くくらいCOSOの問題がでました。内容自体も過去問で扱ってるよりも細かい部分を問われた印象です。エッセーは案の定全然わからないお題を本番いただいたので、加点をくれそうな単語を使ってそれっぽい文章で適当に書いて対応しました。

 

7、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

やはりMC対策を重点に行うことが大事だと思います。また、点が取れる基本的な問題をいかに間違えないかが合格のカギになるかと思います。合格できなかった試験を振り返ってみると、各トピックに基本的な知識の穴があったりして、基本的な問題も失点していたように思いました。

あと本番ではリサーチ問題は一切手をつけなくても合格できたので思い切って無視してほかに時間を使うのも一つの手かと思います。

 

8、試験会場と現地の印象を教えてください。

御茶の水会場でしたが7回受験のうちに4回くらいシステムダウンで試験の一時中断を経験しました。30分くらいフリーズしたPCの前で待機することは覚悟しておいたほうが本番で無駄に動揺することもないかと思います。

 

9、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

合格後、BIG4の監査部門に転職することができました。

 

10受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

サポートは非常に良いです。電話・メールともにすぐに返答がくるので安心して受験を進めることができました。

 

11、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

プロアクティブの教材、佐々木先生の講義で絶対に合格できます。私もAUD2回落ちた際には薄いテキストに不信感を抱き、カステラを持っていくこと(あきらめること)を何度も考えましたが、講義をしっかり聞いて、過去問を反復することで十分合格点に届きました。いろいろなテキストに幅を広げずに講義や過去問の理解度を高めていくことが大事だと思います。(ただ、BECだけは辞書代わりにWileyのテキストがあると便利かと思います)

 
合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら

USCPA無料セミナーのご案内

英語を織り交ぜたユニークな講義です。

佐々木講師による無料のセミナーを開催しております。試験についてはもちろん。資格の活用法や受験のテクニック、USCPA受験に関する全てが分かるセミナーです。是非ご参加下さい。

佐々木洋和
ニューヨーク州公認会計士ライセンスホルダー
米国公認会計士協会・正会員。1968年東京生まれ。PACE University卒業後、Ernst & Young、Arthur Andersen(ともにNew York City)勤務を経て、現在はUniversity of Guam Japan Executive Director、株式会社プロアクティブ代表取締役 佐々木講師

USCPA無料セミナー 次回は03月30日13時(土)開催  セミナーの詳細

閉じる