MENU

佐々木講師のブログ

佐々木講師のブログから最新の記事を抜粋してご紹介します。

佐々木講師

2006年より佐々木講師が更新しているブログの記事の最新の数件をご紹介しております。
最新の試験情報や勉強法、合格者からの声、日常のことまで多岐に渡る内容です。
過去の記事をご覧になりたい方は こちら

2018年12月14日

USCPA合格

お名前

匿名希望

年齢

36

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

監査法人

所属部署(役職)

Senior Manager

在籍コース

eラーニング



合格時期

2018年    11

受験会場

東京、大阪

合格までの受験回数

1

合格点数と時期

FAR

86

REG

75

AUD

89

BEC

82

/時期

2018/11

/時期

2018/11

/時期

2018/11

/時期

2018/11

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

日本の会計士ですが、勤務する監査法人での海外駐在をきっかけに、現地駐在オフィスでの自身のプレゼンスを高めたいと思いUSCPAを目指しました。また、海外駐在期間中は、日本で働いていた時にくらべ、平日夜などプライべートな時間も増えたことも目指したきっかけです。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間      730年間

1週間当たりの平均学習時間  平日  1.5時間   休日  2.5時間

佐々木先生の講義を一通り聞いたあとは、過去問を一度解き、間違えた問題のみ繰り返し解くようにしました。車通勤であったため、特にREGなど暗記すべきトピックが多いものは、運転中に講義を倍速で繰り返し聞いて暗記しました。

 

FAR:200時間、日本の会計士であり、日本基準やIFRS知識はあったため、日本基準やIFRSUS基準と異なる点や、政府会計を中心に学習。

REG:180時間、覚える量が多く、試験日まで時間も限られていたことから、過去問データベースの問題は解かず、テキストとテキストに載っている過去問のみ繰り返し学習し、基本的な問題のみを確実に解けるようにしました。

AUD: 180時間、日本の会計士であり、監査実務の経験も10年以上あったため、一通りテキストを学習し、過去問は間違えた問題のみ2回転しました。

BEC: 170時間、各論点に関してテキストと過去問を中心に基本的なところのみを学習。過去問は1回転したあと間違った問題のみ繰り返し学習しました。

 

 

3、講義の良かった点・改善した方が良いと思う点を教えてください。

講義の良かった点は、なんといっても佐々木先生の話が面白いことにつきると思います。おかげで孤独なオンライン学習でも飽きることなく継続して学習することができました。

 

改善した方が良い点は、過去問をオンラインで解く際に間違った問題にフラグを立てて、あとから効率的に間違った問題だけ復習できるようにした方が良いと思いました(私は間違えた問題だけを繰り返し解く学習であったため、いちいち間違えた問題をエクセルに転記して管理する必要があり非常に手間でした)。

 

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

4科目ともおおむね150時間から200時間くらいの学習時間でした。

 

FARAUDは、日本の会計士資格があり、また10年以上の会計監査実務の経験もあったため、USCPA試験の合格のためだけであればそこまで時間をかける必要はありませんでしたが、改めて基本的な部分を含め理論と計算による学習を現在の監査の実務に生かしたかったため、あえて相対的に多くの時間を割きました。

 

BECREGはまずは基本的な論点をテキストを中心に学習したうえで、1回目の試験に挑み学習の手ごたえをつかもうと考えていましたが、既存の知識もありなんとか1回目で合格できたので、結果として当初計画して学習時間ほどはあまり時間はかかりませんでした。

 

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

AICPAがリリースしているサンプルテストは必ず解いておいた方が良いと感じました。私の場合、TBSで結構似たような形式の問題が多くでました(本番試験に似た環境のため試験慣にも効果的です)。

 

本番試験ではエクセルが使えるため、普段の学習からFARBECの過去問の計算問題はエクセルを使って計算して回答するのに慣れておくと便利です(例えば、BECで一次方程式を解くような問題はエクセルを使って計算式を組み、回答選択肢から答えを導くのが効率的)。

 

REGは暗記する量が多いため、まずはテキスト(特に税法)を中心に基本的な理解をしっかり固めるとよい。

 

 

 

 

6、受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

回答のレスが非常に早い点が良かったです。

 

8、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

試験では時間は足りなかったが難しいとは感じなかった。

REG

試験では時間も足りず、試験終了後は確実に落ちたと思ったが75点でギリギリ合格しました。

AUD

試験自体は時間的にも余裕があり難しく感じなかった。試験終了後、AUDだけは確実に合格しているだろうとの感触がありました(逆に残りの3科目、特にREGなど合格の確証は持てませんでした)

BEC

試験ではMCで苦手なITの問題が多く出たため苦戦。WCは普段より仕事で英語でメールやレポートを作成しているため、苦手意識はなく時間的にも余裕があった。

 

9、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

試験では5つのタブレットごとの時間配分は必ず守ることが重要だと感じました。私の場合、2日間で4科目を集中的に受験しましたが、初日の午前中に初めて受けたFARではMC2時間30分を使ってしまい、後半のTBSがかなり時間的に厳しかったです。そのため、この反省を生かし初日午後と2日目はとにかく当初決めた時間配分を絶対に守ることを意識しました。

 

 

10、試験会場と現地の印象を教えてください。

東京と大阪で受験し、また午前と午後連続での受験でしたが試験の係員の対応もスムーズで問題はありませんでした。

 

11、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

せっかくUSCPAに合格したので、2度目の海外駐在としてアメリカを希望したいです。

 

12、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

佐々木先生の授業は本当にユーモアに溢れ、聞いていて飽きることがありません。佐々木先生を信じて、最後まであきらめずに学習を続けてください。


合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら

2018年12月02日

1月12日午後5時から

合格おめでとうPARTY
@ホテルオークラ 別館

鮨 久兵衛 その場で握ります。

泣く子も笑顔 中華 桃花林 でます。

オークラ別館も 取り壊す前に 見ておいたほうがいいかも

来年オークラは 新本館 新別館 竣工します。2020年のPartyはそちらになります。 

科目合格者も参加可能です。早めに連絡してね。 

合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら

2018年10月22日

フランクシナトラの名曲 New York New Yorkをかけようか

合格おめでとう

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

R.M

年齢

32

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

製造業

所属部署(役職)

海外営業

在籍コース

eラーニング

出願州

ニューヨーク州(受験した場所とは違います。)

合格時期

20189

受験会場

御茶ノ水

合格までの受験回数

7

合格点数と時期

FAR

82

AUD

84

BEC

83

REG

90

/時期

2017/9

/時期

2018/9

/時期

2018/9

/時期

2018/9

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

海外でも通用するキャリアが欲しかったため、USCPAを取得して会計士を目指すことを決意。その他の選択肢であった欧米の大学院やMBAと比較してもコストパフォーマンスがよさそうだったため。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間2年間

1週間当たりの平均学習時間  平日3-4時間   休日10時間

講義を動画で視聴した後、講義の音声だけをmp3形式に落として通勤時間中にひたすらテキストと音声で講義を反復しました。講義の内容の理解が深まった後、過去問データベース(トピック別)MCを反復しました。試験の2週間くらい前からは過去問データベース(近年の過去問)を解くようにしました。

 

3、講義の良かった点を教えてください。

良かった点は断然佐々木先生の講義です。面白い。聞いていて退屈しないのでストレスなく講義を反復することができました。外国籍の妻も講義の英語の部分で爆笑してました。また、特に授業は抑揚をつけて説明くれるので大事なポイントが自然と頭に残りました。試験日では関連した単語を見るだけで佐々木先生のシャウトが頭の中で自動再生されるほど頭にこびりつきます。

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

FARです。会計のバックグランドがゼロからのスタートでしたので、無料※でもらえる会計入門から始めました、そのため試験受けるまで時間を要しました。 ※キャンペーンをご利用された場合

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

ポイントはどれだけMCの正答率を短時間で上げれるかだと思います。また、過去問の問題数は合計でかなりの量になるのでいかに効率の良い勉強が必要になります。私の場合は解いた過去問の履歴をすべてメモしておきました。例えば確信をもって正答できた場合、いくつかの選択肢で迷いながら正答した場合、英語の読み違いで間違えた場合、全くわからない場合等の理解度を後で自分でわかるようにしてました。その履歴を見ながら苦手なトピックや仕上がってるトピック等を分析しながら進めて、学習効率を上げるようにしました。

 

 

 

6、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

トピック別過去問やシミュレーションは一切手を付けずに佐々木先生の講義と最近の過去問だけ解いて試験に臨みましたが一発合格することができました。MCは基本的な計算問題が多く、理論問題も奇抜なものがなかった印象です。比率はそれぞれ50%くらいだっと思います。シミュレーションは最終的にIncome statementを作るような問題だったと記憶しています。

REG

講義、過去問全部、シミュレーションを一通り反復して臨み、一発合格できました。税法はかなり細かい部分まで計算させられるMC問題も何問かありました。商法は満遍なく全体から出題された印象です。シミュレーション難易度はそこまで高くなかった印象ですが、内容は全然覚えてませんが税法に関することがほとんどでした。

AUD

個人的には一番難しい科目だと思いました。合計3回受験させられました。(687484)

各トピックから満遍なく細かい部分までMCで問われ、回答の選択肢にもトラップがいくつも隠されています。各トピックをしっかり体系的に理解することと、正解でない選択肢がなぜダメなのかという点も考えながら学習することが合格するポイントかと思います。シミュレーションの問題は他の科目よりも難易度が高いように感じました。見たこともないようなサンプリングの表とかでます。

BEC

2回受験しました。1回目は準備不足でした。2回目は講義、過去問全部、シミュレーションを一通り反復して臨み合格しました。エッセーに関しては何も勉強しませんでした。MCでは驚くくらいCOSOの問題がでました。内容自体も過去問で扱ってるよりも細かい部分を問われた印象です。エッセーは案の定全然わからないお題を本番いただいたので、加点をくれそうな単語を使ってそれっぽい文章で適当に書いて対応しました。

 

7、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

やはりMC対策を重点に行うことが大事だと思います。また、点が取れる基本的な問題をいかに間違えないかが合格のカギになるかと思います。合格できなかった試験を振り返ってみると、各トピックに基本的な知識の穴があったりして、基本的な問題も失点していたように思いました。

あと本番ではリサーチ問題は一切手をつけなくても合格できたので思い切って無視してほかに時間を使うのも一つの手かと思います。

 

8、試験会場と現地の印象を教えてください。

御茶の水会場でしたが7回受験のうちに4回くらいシステムダウンで試験の一時中断を経験しました。30分くらいフリーズしたPCの前で待機することは覚悟しておいたほうが本番で無駄に動揺することもないかと思います。

 

9、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

合格後、BIG4の監査部門に転職することができました。

 

10受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

サポートは非常に良いです。電話・メールともにすぐに返答がくるので安心して受験を進めることができました。

 

11、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

プロアクティブの教材、佐々木先生の講義で絶対に合格できます。私もAUD2回落ちた際には薄いテキストに不信感を抱き、カステラを持っていくこと(あきらめること)を何度も考えましたが、講義をしっかり聞いて、過去問を反復することで十分合格点に届きました。いろいろなテキストに幅を広げずに講義や過去問の理解度を高めていくことが大事だと思います。(ただ、BECだけは辞書代わりにWileyのテキストがあると便利かと思います)

 
合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら

2018年10月03日

イケメン 翔ちゃん 合格

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

 翔太

年齢

27

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)


所属部署

 

在籍コース

 eラーニング



合格時期

2018年    9

受験会場

御茶ノ水・中津

合格までの受験回数

5

合格点数と時期

FAR

75

REG

94

AUD

81

BEC

81

/時期

2018/3

/時期

2018/9

/時期

2017/12

/時期

2018/6

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

勤務先が海外で上場準備をしていたこともあり、単純な英語力だけではなく、幅広く会計・ビジネスについて学び、業務に活かしたいと思いUSCPAを目指そうと決めました。また、将来的に金融分野で翻訳のプロになりたいと考えているため、そこでもUSCPAの知識が役立つのではないかと思い受験しました。

 

2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間     17ケ月

1週間当たりの平均学習時間  平日  2時間   休日   7時間

まずはチャプターごとに講義を視聴し、内容が記憶に残っているうちに過去問データベースの問題を解いていきました。過去問を解いていて理解が足りないと感じた場合は、講義に戻るという手順でした。

 

3、講義の良かった点・改善した方が良いと思う点を教えてください。

教材と講義が合格に本当に必要なものに絞られている点が良いと思います。また、佐々木講師の講義は生徒を飽きさせないという点では本当に素晴らしいです。合格後に別の有名校の講義がどんなものか気になり視聴してみましたが、退屈過ぎて耐えられませんでした。おそらく他の予備校を受講していたら、まだ学習途中であったか、USCPAから撤退していたと思います。

 

4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

簿記の資格を持っていなかったため、基礎知識が少なく、FAR一番時間がかかりました。

 

5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

MCの過去問の正答率を高めることが、合格への最短ルートだと思います。エクセルでチェックリストを作成し、周回ごとに間違えた問題を正確に把握して、すでに完璧に解くことのできる問題に時間を使わないように徹底しました。2回連続で正解できた問題は、基本的にはもうやる必要はないと思います。どの科目もMCをひたすら解くことで合格水準に届くはずです。

 

 

 

6、受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

サポートはとてもよかったです。質問を送った際には、遅くとも翌日までには返答がきました。

どの予備校を利用するか悩んでいた際に、いくつか資料請求をしたのですが、プロアクティブは翌日には資料を届けてくれました。実はこれが決め手となりました。他の予備校は資料請求しても23日かかったので、実際にサポートを受けるにしても、対応が遅いのではないかと思いやめました。実際にプロアクティブのサポートは迅速でこの判断は正しかったと思いました。

 

8、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

初回受験時は勉強時間も足りず、また、どの程度まで過去問の正答率を上げればいいのかわからず、不合格となりました。簿記の知識がない人が最も苦労する科目だと思います。しかし、他の科目の基礎になる部分も多いので、この科目に合格すれば、残りの科目は比較的順調にいくと思います。政府・非営利組織会計は一見とっつきにくいように感じますが、難しい問題はあまり出ないわりに20%ほどの配点があるので、しっかり学習したほうがいいです。

 

REG

勉強中は簡単だとは思わなかったものの、試験ではすんなり問題を解くことができ、94点という高得点を取ることができました。暗記科目だと思われがちですが、数値を覚える部分は意外と少なく、しっかりと理論が分かっていることが重要だと思います。マイナーなFormがシミュレーションの資料に出ることがありますが、冷静に読み解くことができれば難しいことはありません。

 

AUD

学習していて一番関心の持てる科目でしたが、簡単かと言われれば決してそんなことはありませんでした。計算問題はほとんどありませんが、4科目のなかで最も英文読解力が求められ、また、監査の細かい知識まで問われる科目と感じました。しかし、佐々木講師のユニークな授業を視聴し、内容を理解していけば、学習自体はそこまで苦にならないのではないかと思います。隣の蕎麦屋になぞらえて内部統制を説明されていたのがおかしくて、なかなか忘れられません。最近はあまりレポートの穴埋めのような問題は出ないようですが、勉強の最終段階でひな形を読み込んで暗記すると、学習内容の再確認になっていいと思います。

 

BEC

新試験制度で新たにシミュレーションが追加され、MCの配点が大幅に減ったということで、受験時に一番不安を感じた科目でした。しかし、結局シミュレーションは何も対策せずに1回で受かってしまったので、それほど警戒する必要はないと分かりました。MC配点が減った現行の試験制度ではWC4割ぐらいの点数は取らないと、合格は厳しいのではないかという感覚です。

 

 

9、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

AICPAのサンプルテストは受験直前に毎回やって、システムに慣れておくといいと思います。

 

10、試験会場と現地の印象を教えてください。

御茶ノ水、中津、どちらでも受験しましたが、問題なくスムーズに受験できました。私が受験した際には、どちらの会場も早めに行くと予約時間よりかなり早く試験を受けることができました。(もちろん、予約時間まで待つこともできます。)

 

11、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

まだ、合格したばかりなのであまり活用できていませんが、専門的な英文を読む力は受験を通して確実に上がりました。

 

 

 

 

 

12、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

現在受験されている方は、試験制度変更に伴う結果発表の遅延、また、2019年からは税法改正によるREGの試験内容の変更など、過去の受験者に比べて不利な状況にあると思います。私も実際にその影響をかなり受け、効率的な学習ができなかったこともあります。しかし、それに不満を言ってもしょうがないです。目の前の問題を解くことでしか合格には近づけません。

私は、受験に際して他校の教材には一切手を出さず、プロアクティブの教材と佐々木講師だけを信じて合格にたどり着きました。あれこれ手を出すより、1つに集中したほうが良いと思います。

MCの解説動画で、たまに佐々木講師が説明もあまりなく、答えだけを言っているからもっとしっかり説明してほしいと不満を言っている人をネットで見ましたが、それは単純に暗記するしかない部分で、受講生に余計な負荷をかけないようにしているのだと思います。なので、説明が足りないと思っても割り切って暗記することが合格への近道です。

 

 合格者の声はこちらから


USCPA無料セミナーご予約はこちら

2018年09月29日

またCA から合格 

USCPA合格体験記 合格までの軌跡

お名前

Mizuki XXX

年齢

XX才

お写真

(別ファイルでも結構です。)

業種(or会社名)

CPA Firm

所属部署(役職)

Sr. Accountant

在籍コース

eラーニング

出願州

CA(受験した場所とは違います。)

合格時期

2018年     9

受験会場

OC, California

合格までの受験回数

8

合格点数と時期

FAR

78点

REG

82点

AUD

79点

BEC

76点

年/時期

2018/2

年/時期

2018/9

年/時期

2017/7

年/時期

2017/12

※お写真はお気に入りのものをお送り下さい。Wordに貼らずに写真のままメール添付で送って頂いても結構です。

 

Q1、USCPAを目指したきっかけを教えてください。

もともと会計士になるのが夢で、アメリカにきてAccounting majorで大学を卒業し、そのまま会計事務所で働き始めました。資格が大事になってきている今、資格があれば、今後の転職活動にも役立つと思い、勉強を始めました。

 

Q2、合格までの学習期間、実際の学習時間、具体的な学習方法を教えてください。

学習期間   1.5ヶ月   

1週間当たりの平均学習時間  平日  4-5時間   休日 10-12時間

平日は仕事のあとの4,5時間は寝るまで勉強、休日土日は基本的に朝から夜まで10時間から12時間は勉強していました。

 

Q3、講義の良かった点・改善した方が良いと思う点を教えてください。

テキストが全部英語なところ、また佐々木先生のレクチャーがとても面白く、試験に出る大事なところのみをしっかりカバーしている点です。また、他社とくらべテキストが多くなかったので、それが決め手でした。

佐々木先生も講義中仰っていますが、日本語で勉強しているといざ試験となったときに大変かと思います。英語が苦手な方も、最初から英語のテキストで勉強することで、目が慣れてくると思うのでテキストが英語なのはオススメです。

 

Q4、学習に一番時間がかかった科目は何ですか?

REGです。3回受験して、3度目にやっと合格しました。カバーされるChapterが多い分、勉強内容、覚えることが多く、1度目で72点、2度目で73点で、たくさん時間をかけて勉強したのに2度目の受験で1点しか伸びなかったときはとても悔しかったし、どうすればいいのかと悩みました。

 

Q5、試験直前時期の学習方法や、おすすめの学習方法があれば教えてください。

テキストにあるMCは確実に解けるようにして、そのあと過去問、Simulationを解いて、より知識を深めることが一番かと思います。私は過去問の答えを覚えてしまうくらい何度もやりました。

試験直前はテキストを一通り見直して、大事なところには付箋をつけて試験前日の夜におさらいできるようにしました。また、過去問でできなかったところの復習もかかさずしました。

 

 

 

Q6、受験手続きサポートについてのご意見をお聞かせください。

皆さんとても親切で、なにからなにまでお世話になり、気になったこと、わからないことを率直に質問しても、その度にとても丁寧な説明や、お返事をすぐにいただけたので、とても助かりました!とても感謝しています。ありがとうございました。

 

Q8、各科目の試験の感想を教えてください。

FAR

覚えることが多くて大変でした。でも、基本を忠実に、しっかりとしたベースを作ればMCSimulationも問題なくできると思います。

REG

とにかく税法がほとんどです。Individual,Corp,partnershipはたくさん出ます。きちんと頭に入ってしまえば問題ないかと思います。自分の中できちんと納得して理解できるまで勉強することをお勧めします。

AUD

テキストの内容量も他の科目に比べ少なめですので、きちんと勉強して、試験では11問確実に解けば必ず受かります。他の3つに比べて一番簡単だったかと思います。

BEC

筆記があるため、おびえていましたが、試験の1週間前くらいにざっと過去問を見て確認しました。英語が苦手な方、英語の文章を書くことに抵抗がある方も、きちんとポイントをおさえて、あせらず自分が知っている単語を並べて文章を作成すれば点数がついてくるかとおもいます。

 

Q9、試験後の反省点、事前にやっておいた方が良い事があれば教えてください。

とにかく、MCは絶対にできて点数を1問でも多くとれるように、過去問を何度も勉強しました。Simulationはわかるところから解くことも重要です。問題をざっと見て、わかりそうだなと思うものから確実に点数をとっていくことをお勧めいたします。また、時間配分がとても大切になるため、私は試験開始前に必ずノートボードに各セクションごとのベストな時間の振り分けを記入してそれになるべく沿うように回答していきました。

 

Q10、試験会場と現地の印象を教えてください。

試験会場は座ってしまえばどこも一緒です。私はIrnive, CAの試験会場で受けましたが、一人一人のCubicleがあり、防音ヘッドホンがわきに置いてあります。着いてからの受験手続も受付の方が丁寧に迅速な対応をしてくれます。

 

Q11、合格後に仕事でどのように活用できましたか?または、転職やキャリアUPにどのように役立ちましたか?

現在転職活動中です。大手にいけるように頑張ります!

 

Q12、これからUSCPA合格を目指す方や、勉強中の方へのアドバイスをお願いします!

ひとつひとつの講義を一語一句聞き逃さずに集中して聞くことがポイントだと思います。先生方が仰られる一言一言が全部大事になっています。4科目合格まで道のりは長いと感じている方、諦めないで、自分を信じて、頑張ってください‼そしたら必ず結果がついてきます!

 

 

Q13、その他、ご意見、ご感想等ございましたら、ご自由にお書き下さい。

Proactiveさんを選んで本当によかったです!本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い致します。




合格者の声はこちらから

USCPA無料セミナーご予約はこちら

USCPA無料セミナーのご案内

英語を織り交ぜたユニークな講義です。

佐々木講師による無料のセミナーを開催しております。試験についてはもちろん。資格の活用法や受験のテクニック、USCPA受験に関する全てが分かるセミナーです。是非ご参加下さい。

佐々木洋和
ニューヨーク州公認会計士ライセンスホルダー
米国公認会計士協会・正会員。1968年東京生まれ。PACE University卒業後、Ernst & Young、Arthur Andersen(ともにNew York City)勤務を経て、現在はUniversity of Guam Japan Executive Director、株式会社プロアクティブ代表取締役 佐々木講師

USCPA無料セミナー 次回は01月23日19時(水)開催  セミナーの詳細

閉じる