MENU

出願先と学歴要件

出願州の選択と学歴要件はUSCPAの検討における最重要ポイントです。

USCPAの学歴要件とは?

USCPA試験の申込窓口は全米50州と準州に分かれており、州によって受験資格(学歴要件)が異なっています。
しかし、試験は全米統一で行われどの州でも同じ試験内容となります。

主な学歴要件は「学位」と「単位」

多くの州では、学歴要件として大学の学位に加え「会計学」や「ビジネスに関する科目」の単位を必要としています。

「会計学」には、財務会計や監査、税法、管理会計、原価計算などが含まれます。「ビジネスに関する科目」には、経済学や商法、経営学など、経済学部や経営学部で履修する多くの科目が含まれます。

どんな州を選ぶべき?

ずばり「学歴要件の易しい州」がオススメです。

試験に全科目合格することが資格取得と同等の価値があり、就職や転職といったキャリアアップに役立てることができます。まずは早く試験に合格することを目標としましょう。
試験合格後、希望があれば会計士としてライセンス登録まで行うことも可能です。

※別途、各州の定める実務要件、学歴要件、居住条件(州による)を満たす必要があります。ライセンスは登録州で会計士として実行業務をするための営業許可証です。

また、現時点で学歴要件を満たしていない場合もご安心ください。当校受講生の方は「グアム大学の単位取得プログラム」を利用して、会計学やビジネス関連科目の単位を取得して学歴要件を満たすことができます。

出願州と学歴要件のまとめ

  1. 州によって学歴要件が異なる 多くの受験生は学歴要件の易しい州を選択します。
  2. 試験は全米統一 試験や合格基準は全米統一です。どの出願州でも試験内容は同じとなります。
  3. 出願州と受験する場所は無関係 出願州と受験地の関連はなく、実際の試験は全米各地および日本(東京・大阪)のテストセンターで受験ができます(出願州によっては日本の試験会場を選択できない場合もあります)。
  4. ライセンスは合格後に検討でOK 就職や転職に必要なのはUSCPAとしての知識を証明する試験合格。まずは合格を目指し、合格後のキャリアに応じてライセンスを考えよう。

当校は、自信を持って「ニューヨーク州」への出願をオススメします。

最低限の費用でスピーディに学歴要件を満たすことが可能です。

世界トップクラスの金融都市であるニューヨーク州。

ビジネスパートナーにはニューヨーク州合格であるというだけでポジティブな印象を与えることができるでしょう。
実際4大会計事務所ではニューヨーク州合格者を積極的に採用しています。

ニューヨーク州の学歴要件は総合単位120単位と4科目の必須会計科目のみ。
会計単位をお持ちでない方にとって、最低限の費用で学歴要件を満たすことが可能です。

ニューヨーク州出願に必要な必須4科目をスムーズに取得できるのは当校だけ!

最短、3ヶ月で受験要件を満たして、出願することが可能です。(日本受験可能)
他州に比べて費用も抑えられ、かつネームバリューの高いニューヨーク州出願、当校は自信を持ってオススメします。

  • ※当校ではご入学後必要な分だけ単位を取得できます(パッケージ化されていません)。
  • ※初歩レベルを先に取得しなければならないなどの必要条件(Prerequisite)はありません。

受験から合格後まで。各州の比較チャート

試験合格までは「受験しやすい」州を選び、まずは「合格証明」の取得を目指しましょう。
合格後は必要に応じて、取得しやすい州でライセンスの取得を目指しましょう。

ニューヨーク ワシントン アラスカ グアム
学歴要件 会計
4科目
12単位
会計
8科目
24単位
会計
5科目
15単位
会計
8科目
24単位
N/A ビジネス
8科目
24単位
N/A ビジネス
8科目
24単位
日本受験 可能可能可能可能
合格証明 出る出る出る出ない
ライセンス 米国居住要件
あり
米国居住要件
なし
SSN要件
あり
米国居住要件
なし
NY出願

NYライセンス取得
米国在住なら取得可能
NY出願

WAライセンス取得
日本在住でも取得可能
(実務経験承認サポートあり)
SSN要件あり 学歴要件後付け不可
日本在住でも取得可能
(実務経験承認サポートあり)

全て日本受験が可能

重視ポイント別オススメ出願州

USCPA試験にチャレンジされる方のバックグラウンドは多種多様。必ずしもビジネス系の学部を卒業された方ばかりではありません。
出願先を選択する際のポイントごとにおすすめ出願州をご案内します。

学歴要件が易しい

ライセンスが取得しやすい

合格証明書が発行できる

四年制大学の学位が不要な州

大学在学中の方向け

ニューヨーク州の学歴要件

学歴要件が易しい州です。またネームバリューも高いためお薦めです。

総合単位120単位
会計学必須4科目(Upperの財務会計、管理会計、税法、Upperの監査)
ポイント
  • 会計単位を全くお持ちでない方は当校で会計学12単位を取得すれば出願可能。
  • 最少単位の取得で短期合格を狙いたい方にお薦め。
  • 学位が不要なので、大学在学中の方も受験可能。
備考
  • 合格後は州名が記載されている「合格証明書」が発行できます。
  • ライセンス登録時は米国居住条件あり。
  • (日本在住でライセンスを希望される方はワシントン州に合格記録を移転してのライセンス登録が容易です)
  • Continuing Education(継続教育)の単位は受験資格として認められません。

アラスカ州の学歴要件

学歴要件が易しい州です。

大学の学位必要
会計学15単位
ポイント
  • 必須科目要件がありません
  • FAR(財務会計)のみの学習で単位を取得することが可能
  • 大学卒業まで残り18単位以内の場合、在学中の受験も可能です
備考
  • 合格後は州名が記載されている「合格証明書」が発行できます。
  • ライセンス申請時には直属のUSCPAの上司に実務経験を承認してもらう必要があります。(ライセンス登録を希望される方はワシントン州に合格実績を移転しての登録が容易です。)

ワシントン州の学歴要件

ライセンス取得がしやすい州です。

大学の学位必要
総合単位150単位
会計学24単位
(うち15単位はUpper Divisionの単位)
ビジネス関連科目24単位
ポイント
  • IT関連と統計学関連の単位がそれぞれ6単位までビジネス関連科目として認められます。
備考
  • 合格後は州名が記載されている「合格証明書」が発行できます。
  • ライセンス取得時の居住条件が無く、一般事業会社の会計/経理、財務、管理業務など幅広い実務が認められます。
  • 当校でライセンス実務経験承認サポートが可能です(直属のUSCPAの上司が実務経験承認する必要なし)。
  • 他州合格者も合格後に単位を追加取得し学歴要件を満たせばライセンス申請ができます。

グアムの学歴要件

ライセンス取得がしやすい州です。3年制大学ご卒業で、ライセンス登録をお考えの方にお薦めです。

大学の学位必要
総合単位120単位
会計学24単位
(Upper Divisionのみ。財務会計、監査、税法、管理会計をそれぞれ3単位以上ずつ含む必要があります。)
ビジネス関連科目24単位
(経済学6単位、ファイナンス3単位、商法3単位を含む必要があります。)
ポイント
  • 簿記や初歩会計学など、英語表記でPrinciplesやIntroductoryとつく名称の科目は会計単位として認められません。
  • 総合単位が120単位あれば3年制大学(豪州や英国)や短大、専門学校卒、大学在学中の方でも出願可能
  • 単位取得見込み受験の利用が可能
備考
  • ライセンス取得時の米国居住条件が無く、一般事業会社の会計/経理、財務、管理業務など幅広い実務が認められます。
  • 当校でライセンス実務経験承認サポートが可能です(直属のUSCPAの上司が実務経験承認する必要なし)。
  • 実務経験がない方もサティフィケート取得が可能。サティフィケート保持者はUSCPA(INACTIVE)という名称を使う必要があります。
  • 2021年12月15日以降出願する方は総合150単位が必要となります。

モンタナ州の学歴要件

学位や総合単位要件が無いため、大学1-2年次在学中の方、高校・専門学校卒の方も受験ができます。

会計学24単位
(Upperの単位のみ、財務会計、監査、税法、管理会計を含むこと)
ビジネス関連科目24単位
ポイント
  • 大学の学位要件、総合単位要件がない
  • 高卒の方、大学中退の方、大学1-2年次の受験を希望する方にお薦め
備考
  • ライセンス取得時の居住条件が無く、幅広い実務経験が認められます(監査業務は必須でない)。
  • ライセンス時には4年制大学の学位、総合単位150単位が必要。