USCPAのライセンスについて

試験合格がキャリアアップの第一歩

最も重要なのは「合格」することです。
合格後の活躍のステージによって、必要に応じてライセンスを取得されることをおすすめします。
最初からライセンスにこだわって「費用」と「時間」をかける必要はありません。

USCPAのライセンスとは?

ライセンスとは米国公認会計士として独占業務を行うための免許です。
ライセンス登録をすることで、米国内で職業会計士として独立開業や監査報告書への署名が可能となります。

また、自身を米国公認会計士(USCPA)と名乗ることが可能となります。ライセンス登録をするためには、必ず実務経験が必要です。

どうやって取得するの?

USCPA試験の合格および実務経験を積むことでラインセンス申請が可能になります。

実務経験は合格前のものでも構いません。実務経験の証明は、原則上司のCPAによるサインが必要です。

これらの要件は州によって異なっております。また、他の州で合格した場合でも合格実績をトランスファーしてライセンスを取得可能な州があります。

日本人受験生が効率よく取得するには

なるべく早く学歴審査の易しい州で合格し、実務要件の易しい州に合格実績をトランスファーするのがおすすめです。

具体的には、ニューヨーク州やアラスカ州に出願して、合格後にワシントン州の学歴要件を満たしてライセンス登録するのがおすすめです。

試験合格とライセンスの関係性

  1. 試験合格 USCPA試験に全科目合格した状態。
    履歴書に米国公認会計士試験合格と記載できます。また、スコアレポートを試験合格の証明書とすることができます。
    キャリアアップや就職・転職に活かしたい場合、試験合格が評価の対象なのでこの段階で十分といえます。また、USCPAの知識を活かして、会計・経理・財務といった業務に携わることができます。
  2. ライセンス(License) 試験合格後、各州が定める実務要件を満たして取得できる免許。米国公認会計士(USCPA)と名乗ることができます。特定の州で会計事務所開業などの独占業務を希望される場合は、その州でのライセンス登録が必要となりますが、ライセンス登録の目的が肩書の利用である場合は登録州にこだわる必要はありません。
  3. サティフィケート(Certificate) サティフィケートは州による「認証」。多くの州ではライセンス発行と同時に行われますが、グアムでは実務要件を満たしていなくてもサティフィケートのみ取得することができます。
    この場合名刺には「USCPA(Inactive)」と記載できます。
ライセンス

ライセンスは必要なの?

日本で業務をする上で、ライセンスが必須なケースはほとんどありません。

米国内での独占業務のための免状ですので、ほとんどの方が業務上の必要性からではなく、米国公認会計士である(英語で会計の専門知識を有する)ことの証明としてライセンス登録をされています。

監査法人、会計事務所、コンサルティングファームなどのクライアントに会計サービスを提供する業種の方、英語で専門知識を有することを明示すべき役職(CFO、マネージャー)や部署(経理、財務、IR)の方、海外勤務の方が多くライセンス登録をされています。

また、ライセンス登録や維持には費用やCPE(継続教育)も必要ですので、キャリアの必要性に応じてライセンス登録を検討されるとよいでしょう。

*

合格後、ライセンス取得をご希望の方へ。

ライセンス取得サポート

USCPA試験合格後、ライセンス取得をお考えの方のために「ライセンス取得サポート」を行っております。

当サービスでは、当校代表がVerify CPAとして実務経験を承認する他、ライセンス取得に必要なすべての手続きや倫理試験についてもサポートします。

ライセンス取得サポートの詳細を見る