USCPA(米国公認会計士)について

世界中で認められる会計のプロフェッショナル資格

USCPA(米国公認会計士)とは

USCPAはアメリカの国家資格です。
アメリカでは通常CPA(Certified Public Accountant)と言いますが、
日本国内では日本の公認会計士と区別するためUSCPAや米国公認会計士と呼ばれることがほとんどです。

日本でUSCPAが有効な理由

グローバル化に対する認識と準備がチャンスを掴むための鍵、USCPAは、日本国内でのみ通用する日本の公認会計士資格と異なり、英語圏の多くの国で高い評価が得られる資格です。

職業会計人としての業務だけではなく、マネジメントレベルのビジネスパーソンが当然習得しているべき知識の証明として認知されており、活躍の場は多種多様です。

AICPA(米国公認会計士協会)発表のデータによると、米国では税務や監査などの会計士としての専門業務を行っているのは、USCPA資格取得者のおよそ4割程度といわれています。

世界で通用するプロフェッショナルへ

また、先進諸国の多くは国際財務報告基準の導入を決めています。世界の会計は国際財務報告基準にシフトしていっています。

従来世界で最も権威のあった米国会計基準は、現在国際財務報告基準に歩み寄り、そしてその軸となるかたちで両者が歩みよっています。

CPAは世界で通用する会計のプロフェッショナル資格です。現在、日本はグローバル化への動きではアジア諸国の中でも差をつけられています。今後日本基準がグローバルな基準に近づいていくとしても、現時点で先を行く世界に通用する知識を身につけておいたほうが有用なことは言うまでもありません。

そして、この知識を身につけているかいないかは、個人の市場価値においてもとても重要な問題です。

会計はビジネスの上で数字を扱うための共通言語です。そして、英語は現実的に世界で通用する共通言語といえます。

世界で通用するプロフェッショナルへ・・・USCPA資格を取得して、グローバルに活躍する人材へと成長しませんか?

USCPAについて知っておくべきポイント

  1. 試験制度・試験構成 米国公認会計士の試験制度について。日本の一般的な資格試験とはちょっと違います。
    詳しく見る
  2. 出願資格と学歴要件 州ごとに異なる出願窓口と出願資格。選択にあたってのポイントをご案内しています。
    詳しく見る
  3. ライセンスについて USCPAライセンスとサティフィケートの取得方法やメリットについてご案内しています。
    詳しく見る